インドでだまされた話

今から16年前の話。(古い!)

バラナシという街に2ヶ月ほど滞在していました。
それは3回目のインド旅行で、2回目のインド一人旅でした。

小さな安宿に泊まっていたのだけど、
ある日の日中、そこの従業員に、
「話があるから、ちょっと屋上に来てくれない?」
と呼び出されました。

今でも鮮明に覚えているけど、
誰かの黒と黄色のトラ柄のブリーフが洗濯紐にぶらさがってはためくのを
横目に見ながら、従業員の彼と2人きりで話をしました。
「宿の水道代を払わないといけないんだけど、
今、宿に十分なお金がないんだ。
今日中に払わないと、水が止められてしまう。
宿代を先に払ってくれないか?
後からその分は引くから。」

その頃の私は今思うと信じられないほど英語ができなくて、
どうやって一人旅をしていたかすら謎だけど、
いつも気さくに話しかけてくれる宿の従業員とは
会えば挨拶や雑談するぐらいの良い関係でした。

「いいよ。
でも、その金額をここに書いてね。」

と、お金を渡しつつ、念のために宿の名刺の裏側に金額を書いてもらいました。

「あのさー、あと少し出してくれない?」
「うん、いいよー。はい。」
追加で求められた金額も彼に渡しました。
でも、その追加分の金額は書いてもらうのをなぜか忘れた。

夜になって、
事態が急変。
宿のオーナー、オーナーの友人達が宿に集合して、
深刻に話し合ってる。

わたしがお金を貸した従業員が、とんずらしたらしい。

どうも、わたしを含め、複数のゲストから
「宿の水道代」と称してお金を借りて、
それを自分の懐に入れて、荷物をまとめて村に帰ったらしいとのこと。

宿のオーナーに名刺の裏側に書いた金額を見せると、
「これは宿の水道代としてあなたが払ったのだから、
この分は、わたしから返金します。」

と、お金を返してもらえました。

が、
「後で追加で払ったという金額は、どこにも証拠がないから、
払うことはできません。」

がーん。

小さな出来事だけど、
信頼していた人に裏切られて、
お金も戻ってこなくて、
とてもショックを受けました。

でも、そもそもの話、
知り合って数ヶ月の人(従業員)を信頼する、
というのは、普通に考えて、私が甘いし、
その状況を思い出すと、
屋上で2人きり、
水道代は宿のオーナーがなんとかするはずなのに
従業員(下っ端)がお金の話をしてくる、
など、おかしいことばかり。

その後も何度もインドへ旅行で行っているし、
今は住んでいるけど、
この時の経験が、今も残っていて、
いつもどこかで
「相手の行動がおかしくないか、状況がおかしくないか」
を頭においています。

他人を疑う、というのとはまた違って、
どこか客観的に、その場を見る感じ。

何が書きたかったかと言うと、
「インドでだまされた!」という人がいるけど、
客観的に見て行動できなかっただけかもね!ってことと、
「人を疑って生活するなんて、窮屈でしょ!」とかも言われるけど、
いやいや、客観的に見ているだけであって、人付き合いは普通です、
ってことでした。


タイトルと全く関係ないけど、
こちら、来て2週間の新しいメイドAちゃんが作成した夕ご飯。
味付け以外は、口頭の指示だけで作ってくれました。
チキンカツ、いんげんとパニールの炒めもの、サラダ、土鍋で炊いた玄米、オクラとネギの味噌汁。
すばらしい!

 

それにひきかえ、私の2週間の努力は、こちら。

字も汚いけど、綴りめちゃめちゃ。
覚えたら消していくつもりが、覚えられない。
ひどい。。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


強制的ヒンディー語復習

先週から、朝~夕方のフルタイムでインド人メイドAちゃんに来てもらっています。
(隣の町に旦那さんと住んでいるから、住み込みではない。)

家事全般をやってもらえて、そりゃあ楽になったかと聞かれたら、
いやいや、むしろどっと疲れています。

Aちゃんは、今まで何年もインド人家庭で住み込みで働いていたから、
何でもお願いするとスイスイこなしてくれます。
が、そのためには、指示を出さなければいけないわけで。

「洗濯物はこのカゴにはいってるからね。」
「台所の布巾とタオルは新しいのに換えてね。
新しいタオルと布巾はここに入ってるからね。」
「痛みやすい服は洗濯ネットに入れて洗濯機に入れてね。」
「洗濯物の量が多いと綺麗に洗えないから、多いときは次の日に残してね。」
「洗濯機はこのボタンとこのボタンを押して、この洗剤をこの量入れてね。」
「干すときは、ここにこうやって干してね。」

一応いままで自分で家事をしているから、わたしのやり方があって、
可能な限りそれと同じにやってもらいたいから、全部を説明することになるのです。
洗濯の他、
掃除、お皿洗い、アイロン、服の収納、植木の水やり、猫の飲み水用意、猫のトイレ掃除、などなど。

実はフルタイムのメイドを雇うにあたって、一番期待していたのが、
インド料理を作ってもらえることだったのだけど、
・・・
Aちゃんの作る料理が油とマサラが多すぎて、食べれない!
ががーん。
インド料理の指導はできないから、
日本料理を2人で作っていく方針へ変えました。

先週は、エビフライ、鶏つくねの照り焼き、鶏ミンチとグリーンピースの日本カレー、チキンカツ、
そして、付け合せの野菜ソテー、サラダ、味噌汁、などを。
今日は、先週冷凍しておいたチキンカツを解凍して卵とじ、
レンコンのきんぴら、豆腐とあげの味噌汁、キャベツと人参と大根のサラダ。

「人参、大根、レンコンは皮むいて、それぞれこうやって切ってね」
「キャベツはスライサーでスライスしてね」
「味噌汁用にお湯沸かして」
「お米を入れた土鍋は30分後に火にかけて」

などなど、指示すると、サクサク動いてくれます。
さすがプロ。

口で指示するだけで動いてくれる人がいるなんて、
めちゃめちゃ楽じゃんよ!
と怒られそうですが、
わたしが日々疲れているのには大きな理由があって。

Aちゃん、英語を話しません。ヒンディー語オンリー。
わたし、今まで使った事のあるヒンディー語は話せるけど、
使った事ない言い方、言えません。(タクシーで使う言葉なら話せる)
野菜の名前、うろ覚え。
揚げる、炒める、ゆでる、水を切る、・・・なんて言うんだっけ。

それだけで手一杯なのに、
台所で2人で無言でいることに耐えられなくて、
雑談までしちゃって、さらにふええ~、となっていて。

というわけで、
ヒンディー語の辞書や本を出してきて、
強制的にヒンディー語の復習をしています。
何のためにフルタイムメイドを雇い始めたか良く分からなくなっているけど、
頑張らねば。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


フルタイムのメイドを雇うことになった

デリーの国立博物館が大好きなので、休日に行ってきました。
ガンジス河展、素晴らしかったです。(6/20で終了。)
この博物館、細密画からブッダのお骨までコレクションが膨大で、
何度も行きたくなってしまう。

それと関係ないのですが、
色んな事情が重なって、
今まで雇っていた掃除のおばちゃんを解雇して、
新しくフルタイムのメイドを雇う事になりました。
(メイドなんて贅沢な!というのが日本人の感覚だけど、
メイドについての話は、こちらで。メイド | 猫の日記

大家さんから、
「掃除の彼女には前もって解雇の話は伝えないように。
当日に伝えて、お給料は多めに渡すように。」

と言われていたので、その通りにしました。

掃除のおばちゃん、最終勤務日。
どうしてもフルタイムのメイドが必要な理由を彼女に伝えると、
みるみる目に涙が。
2年間、ほんとうに真面目に働いてくれて、
前日まで一緒に「今日は風があるねえ」なんて楽しく話していました。
「分かりました。」
そう言うと、体を屈めて私の足に触れました。(インド式の目上の人にする丁寧な挨拶。)
彼女を起こして、ぎゅっとハグ。
他に兼任している仕事があるとはいえ、突然の解雇は本当に申し訳ないから、
多めのお給料(大家さんに言われたよりもだいぶ多め)、プレゼント、
そして英文の紹介レターを渡しました。
(日本人が見るこちらのサイトにも募集を載せてみました。
新しい勤め先、見つかりますように。)

そして、新しく来たフルタイムのメイドAちゃん。
なかなか良い子です。
(それを大家さんに伝えたら、
「そりゃあ最初は気に入られようとするから、まだ判断しないように。」
と釘をさされてしまった。)

彼女も英語を話さないから、
ここ数日は毎日ヒンディー語で家事全般の指示を出しています。
そして台所で料理を一緒にしながら、雑談。ヒンディー語クラスのよう。
わたしが楽になる予定が今のところかえって大変だけど、
メイドと同居、というインド的な生活をしばらくしてみるつもりです。
まあ、どうにかなる!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!