フルタイムのメイドを雇うことになった

デリーの国立博物館が大好きなので、休日に行ってきました。
ガンジス河展、素晴らしかったです。(6/20で終了。)
この博物館、細密画からブッダのお骨までコレクションが膨大で、
何度も行きたくなってしまう。

それと関係ないのですが、
色んな事情が重なって、
今まで雇っていた掃除のおばちゃんを解雇して、
新しくフルタイムのメイドを雇う事になりました。
(メイドなんて贅沢な!というのが日本人の感覚だけど、
メイドについての話は、こちらで。メイド | 猫の日記

大家さんから、
「掃除の彼女には前もって解雇の話は伝えないように。
当日に伝えて、お給料は多めに渡すように。」

と言われていたので、その通りにしました。

掃除のおばちゃん、最終勤務日。
どうしてもフルタイムのメイドが必要な理由を彼女に伝えると、
みるみる目に涙が。
2年間、ほんとうに真面目に働いてくれて、
前日まで一緒に「今日は風があるねえ」なんて楽しく話していました。
「分かりました。」
そう言うと、体を屈めて私の足に触れました。(インド式の目上の人にする丁寧な挨拶。)
彼女を起こして、ぎゅっとハグ。
他に兼任している仕事があるとはいえ、突然の解雇は本当に申し訳ないから、
多めのお給料(大家さんに言われたよりもだいぶ多め)、プレゼント、
そして英文の紹介レターを渡しました。
(日本人が見るこちらのサイトにも募集を載せてみました。
新しい勤め先、見つかりますように。)

そして、新しく来たフルタイムのメイドAちゃん。
なかなか良い子です。
(それを大家さんに伝えたら、
「そりゃあ最初は気に入られようとするから、まだ判断しないように。」
と釘をさされてしまった。)

彼女も英語を話さないから、
ここ数日は毎日ヒンディー語で家事全般の指示を出しています。
そして台所で料理を一緒にしながら、雑談。ヒンディー語クラスのよう。
わたしが楽になる予定が今のところかえって大変だけど、
メイドと同居、というインド的な生活をしばらくしてみるつもりです。
まあ、どうにかなる!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


デリー生活1年

去年8月にバンガロールからデリーに引越してきて、
1年が経ちました。
猫もきりりっと元気です。

ふりかえったり、変化を確認してみたり。自分メモ。

猫:
2年ぶりに味わう冬は毛布の中で湯たんぽと一緒にほぼ冬眠。
夏はACついてる部屋から出て行っちゃう。暑さに強いのはさすがバングラデシュ産まれ。
相変わらず凶暴で元気。

ヒンディー語:
読み書きは出来るようになった。
人にヒンディー語で話しかけると、英語で返事をされるか、
わたしの変な発音を真似されておちょくられる。

歌:
今はアラープの即興の練習。
ゆっくり進んでいます。
辛抱強く教えてくださる先生に感謝。

ヨガ:
さぼり気味だけど、scorpion poseが時々出来るようになった。
新しい発見もたくさん。飽きない。

新しい友達:
相手がどう思っていようと、
自分が友達だと信じていればそれは友達なのです。

良く行く場所:
Kailash Colony。
ヒンディー語のクラスヨガのクラスで。

良く行くレストラン:
1年で一番多く行ったのは、やきとら
今週も2回行くのです。
やきとらの焼き鳥は最高。

好きな場所:
Lodhi Garden
週末の夕方の散歩はここ。

インド国内行った場所:
Jodhpur、Pushkar、Ajmer、Jaipur、Sikkim、Rishikesh、Mathura、Vrindavan、Agra、Dharamshala、Manali

デリーの好きなところ:
遺跡が多くて、散歩ができる。
インド古典音楽のコンサートが多い。

良かったインド古典音楽コンサート:
Swami Haridas Tansen音楽祭

デリーの嫌いなところ:
人がギラギラしてる。
すごく寒い。すごく暑い。

新しい土地に来てから1年ってのは、
焦っても思うようには進まないものだから、
ゆっくりと過ごしていました。
まだ行ってない場所もたくさんあるから、もうちょっと行動してもいいかも、
なんて思いつつ、
これからもゆっくり過ごすのだろうな。

どこに住んでもそこが好きになっちゃうんだけど、
デリー生活、楽しいです。
とりあえず、ヒンディー語はもっと頑張らなくては。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


音楽を通して社会問題を問う

先日、こんなイベントに行ってきました。
Andhere Mein: Relaa Collective | Delhi Yatra
(Andhere Meinとは、「暗闇の中で」という意味)
内容は、
インドの社会問題を音楽を通して問いかける、というもの。
RELAAという団体が主催していて、
その団体に関わっているインド人友人からのオススメで行ってみたのでした。
このイベントに関する英文の記事も見つけました。
Relaa: Singing About Broken Lives – The Wire
ANDHERE MEIN : Delhi Yatra
Featuring performances by:
Kaladas Deheriya (Chhattisgarh)
Shankar Mahanand (Orissa)
Indian Folk Band ( Karnataka)
Yalgaar (Maharashtra)

面白かったです。
インド各地のアーティストが集まって、
フォークソング、詩の朗読、パーカッションの演奏、演劇、など盛りだくさん。
友人のオススメとはいえ、「もし学芸会のような素人ノリだったら苦手だなあ」なんて
思いながら行ったのだけど、
すごい完成度でした。
純粋に、パフォーマンスとしてきちんと組み立てられていて、演奏のレベルも高い。
大きなホールでできるぐらい。

パーカッションの演奏は、ジャンベでした。

これがまた、すごく格好良かった。
女の子がコンナッコールを言って、他の男性達がおいかけて叩いたりするインド独自のスタイルもあったり、
観客とコール&レスポンスしたり、
会場は大盛り上がりでした。
(コンナッコールKonnakolは南インド音楽でリズムを言葉にして口で言う方法。Konnakol – Wikipedia, the free encyclopedia
インド人がインド楽器以外を演奏しているのを聴いて「あちゃ~」とがっかりした事が何度かあるけど、
このグループは良かったです。
バンガロールのIndian Folk Bandというグループみたい。要チェック。

ただ、わたしのヒンディー語力のせいで、
私たちは言う事ができる!聴く事ができる!走れる!飛べる!」
だとか、
「今こそ声をあげる時だ!」
ぐらいしか聞き取れず、一番肝心な主張の内容が分からなかった。
えーん。
もうちょっとヒンディー語頑張ろう。

ちなみに会場は哲学書や社会学なんかの本が置いてある本屋と併設されている小さなライブハウスのような場所でした。
Studio Safdar
アーティストっぽいお客さんが多くて、さすが首都デリー。
普段はインド古典音楽ばかり追いかけているけど、
もうちょっと視野を広げたいな。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!