お魚デリバリー&豚肉屋さん

寒くなったのでオイルヒーターをつけて椅子を置いたら、
猫が速攻やって来て暖をとっています。
シンゴジラ第2形態…

突然ですが、わたし、すごく面倒な性格で、
友人知人、または初対面で顔を見て話した人からの情報しか
なかなか信じられません。
例えば、ガイドブックに魅力的な旅行先が載っていても
知り合いが誰も行っていない場所は行けなかったりします。
逆に、
知り合いが「ここ良かったよ」と一言でも言えば、
ガイドブックに載ってなくても迷わず行ってしまいます。
ラダックの奥の方の当時電気が通っていなかった村とか、
ラオスの中国国境近くの最北の村だとか、
そのノリでさくっと1人で行ったこともあったっけ。

でも、この性格が海外生活をする上では、かなり厄介!
お店の情報がネットにあるだけじゃ、なかなか行けない、という。
はっきり言って、損しています。

そんな私が新しいお店を最近使ってみました。

まずは鮮魚のデリバリー、Fresh to Home
freshtohome

デリー情報を発信されているBlue Lotusさんからのオススメです。
豊漁だ~! : Blue Lotus
Pink Perch「いとより」をわたしも頼んでみて、
塩をかけて焼いたら・・・鯛だー!!!
感動です。食生活の水準が一気に上がった!
一緒に頼んだエビも新鮮で、うまうま。
ベンガル料理に使われる魚も揃っていて、次は何を頼もうかな。
食にこだわりのあるBlue Lotusさんのオススメは全て信用できます。
ありがたや。

そして、もう一つ、名前は前から知っていたけど
やっとのことで行ったのがPigpo

たまたま知り合った方が、
「Pigpo、いいらしいよ」
とおっしゃってたので、その言葉だけで行ってきました。
ここの豚肉、美味しい!
そして、鶏肉も新鮮。
さらに、小さいポークソーセージも絶品!(大きい方はまだ試していません)
自宅から遠くないのだけど、このお店の存在を知ってから行くまでに、
2年経過してました。
もっと早くに行けば良かった。
こちらでも紹介されていますね。
【日本人御用達】デリーで豚肉買うなら「PIGPO」 | あちゃなび

食材屋さんじゃないけど、デリーのBikaner Houseのカフェ
「あそこはなかなか良い雰囲気だよ」という友人の一言で先日行ってきました。
しゃれおつな店内でアフタヌーンティーセット食べました。うまうま。

まだまだ使った事のないお店、行った事のないお店は山のようにあるから、
重い腰をあげて行きたい!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


 

広告

我が家のフランソワーズ

特に何も起こらないデリーの日常。
映画の話をしながら、焼き鳥食べたり、(やきとら
人のお宅に招待していただいて、デリバリーお寿司食べたり、(Sushi Junction
Hauz Khasの池を一周散歩した後にチベット料理食べたり、(Lama Kitchen
日本人同じ歳の集まりにお誘いいただいて韓国料理食べたり、(Gung
食べてばっかしの幸せな時間を過ごしております。
そして、特に何も起こらない、というのはデリー生活で、最高の日々!
(今日から2日間断水らしいけど。)

そして、その他の時間は歌の練習をしたりしてるのですが、
人に貸していただいたプルースト著「失われた時を求めて」を最近読んでいます。
やっと5巻に突入。

この小説、独特な書き方だったりするから読むのが大変なんだけど、
登場人物が全員魅力的で、それが読んでいて楽しい。
魅力的といっても、良い人、という意味ではなくて、
独自の考えを持っている実際にいそうな生々しい人間として描写されていて、
それが面白いのだなー。

そして、登場人物の1人、主人公のおうちの女中フランソワーズが
とても好きです。
食材を厳選してとびきり美味しい料理を作って、得意になったり、
主人公家族が求める事も、自分の判断で断ったり、
自分の食事中は呼び出されても、無視したり、
自分の田舎を愛していて、パリを毛嫌いしていたり、
自分の仕事にプライドを持っていて、周りはそのプライドを尊重したり。

このフランソワーズに、
先々週から我が家に来てもらっているメイドAちゃんを勝手に重ねて、
わたしは楽しんでいます。
あるとき、こんなやりとりがありました。
「Aちゃん、マンゴー買ってきてくれる?」
「いいですよ。でも、この時間、良い店は閉まっています。
うちの近所のマーケットでは朝と夕方に良い店が開くので、そこで買ってきますよ。」

そして美味しいマンゴーを買ってきてくれました。
食にうるさいフランソワーズ!

「昨夜、すごく汗かいて寝ちゃったら、汗が耳に入っちゃって、聴こえにくいし、痛いんです。」
「病院行ってきなよ。今日の仕事は終わっていいよ。」
「いえ、病院行ってから夕方に戻って仕事の続きをします。」
仕事にプライドのあるフランソワーズ!

「うちの近所、雨が降ると側溝がつまって水浸しなんですよね。台所なんか、もう大変で。
それに、生活水が来なかったりするんですよ。どうしろって言うんですかね。」

愚痴をひたすら言うフランソワーズ!

インドでメイドがいるお宅の方、
魅力的なメイドが出てくる小説を読むの、オススメです。
日本の古い小説も女中さんが出てきたりしますね。

そして、わたし、来週から日本一時帰国です。
インドの自宅と留守中の猫のことはフランソワーズに全てお任せ。
頼んだ、フランソワーズ!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


スパイスの保存方法(ずぼらな人用)

ででんっ!今日はカレーを失敗した!
大好物のアル・ゴビ(じゃがいも・カリフラワーのカレー)が焦げた!

北インド料理のアル・ゴビと、
ベンガル料理のラル・シャーグもどき(ラル・シャーグは紫色のほうれん草の事。今日は普通のほうれん草で作ったので、「もどき」です)で、
今日の夕食は私の好物のコンビ!とはしゃいでいたのに、この様です。とほほ。

そんな私に何の説得力もありませんが、
インドカレー作るのに必要なスパイスの保存方法です。
普段は日本食ばかり作っているから、インドカレー作るのは月に2・3回ぐらいなのだけど、
いろんな種類のカレーを作ろうと思うと、スパイスを揃えなくちゃいけなくて。
ずぼらな私は、こんな風にスパイスを保存しています。

我が家のスパイス棚

市販のスパイスのパッケージの上側だけを切って、

そのまま容器にin。
ついでにスプーンもin。

日本に住んでいる時から、このスタイルです。
本当はインドの家庭で使っている、スチールのスパイス入れ(masala dabba)が格好良くていいなあ、と思うのだけどね。
masala dabbaの説明はこちら。
Spusht | Vegetarian Recipes, How-To Posts, Entertaining Ideas, and more: spice box (masala dabba) – the indian kitchen essential

ベンガルカレーに欠かせない青唐辛子は冷凍保存。(あまり風味は変わらない気がするので)
コリアンダーリーフ(パクチー)は、作る当日にお店で必要な分だけ買っています。

ちなみに、わたしの北インドカレーのノブ先生のクラスはこちら。
のぶク(Nobu’s Cooking)
アル・ゴビも教えていただいたレシピなのです。
焦げたけど、うまうま!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!