インド的。楽しいと楽しいの狭間。

先日、カッワーリーのコンサートを観てきました。
デリーのニザムッディン廟では毎週木曜日夜にカッワーリーの演奏があるのだけど、
そこでも演奏しているNizami Brothersです。

格好良かった!
男だらけで、しかも、男っぽいノリの、インド人おっさんの世界!
カッワーリーは歌詞に「起承転結」があって、
「結」の時に観客は大きな拍手を送ったりするんだけど、
その盛り上がりも楽しかった~。
ほとんど歌詞分からないんだけど、ある歌では、
起「私たちは~だ」
承「私たちは~だ」
転「でも、私たちはイスラム教徒だ、私たちはヒンドゥー教徒だ、と言うのは言い足りない。」
結「私たちは全員インド人だ!」
大きな拍手!
一緒に拍手したけど、わたし、インド人じゃなかった…。
これはちょっと国粋的な歌詞だけど、
神さま、人間の行動、愛、などについても歌っていました。

他は北インド古典声楽のBegam Parveen Sultanaを聴きに行ったり。
インド、楽しい♡

と、そんな楽しいときもあるんだけど、その狭間にインド的な面倒なこともあったりして。
以下、愚痴!

とある日、ドライバーが来ない。電話しても出ない。
お昼ぐらいに奥さんから電話がきて、彼はお風呂場ですべって足を痛めた、と。
翌日も現れず、音信不通。
結果、捻挫ぐらいだったらしいけど、連絡だけはしてね、と伝えたら、
ひたすら言い訳。

とある日、ドライバーが来ない。ふたたび。
原因は携帯電話のアラームが鳴らずに寝坊したと。
ひたすら言い訳。

とある日、朝に出かけて自宅に戻ったら、メイドがいない。
電話してみたら、体調悪いから帰った、と。
帰ってもいいけど、その場合は電話してね、と伝えたら、
ひたすら言い訳。

とある日、というか今日、
メイドが遅刻。
病院で血液検査してたらしく遅れたと言うから、
そういう時は電話してね、電話するの難しくないよね、と伝えたら、
ひたすら言い訳。

もー、わたしは疲れた!
連絡さえ貰えたら、責めないし、休みもちゃんとあげるから、
と何度も伝えたけど、
わたしが口を開くと、
それを遮って、言い訳がまた始めから続く、という。

インドは自分の正当性を主張しないと自分の立場が守れない、というのはあるけど、
バリバリ日本人なわたしはそれをずっと聞かされるのは辛くって。
ドライバーもメイドも普段はきちんと仕事をするとても良い人達だけど、
こういうときはインド的だなあ、と。

はああ、と思っていたら、
郵便局員が荷物を届けに来た。
「マダム、ディワリギフトください」
ディワリって、1ヶ月前…。
「なんで?もうディワリとっくに終わってるじゃん。」
「じゃあ、ニューイヤーに来るからニューイヤーギフトください」
「No!」と追い返したけど、言い過ぎたかもと思って、
彼を追いかけて、大家さんも呼んで、仲裁を頼む。
大家さん「はいはい、ニューイヤーにあげるから。それでいいでしょ。」
郵便局員「はい、いいです。」
郵便局員、去る。
大家さん「100ルピーぐらいあげればいいから、ニューイヤーに。」
わたし「分かりました。あと、色々と相談があるんですけど。」
と、ドライバーとメイドの相談にものってもらう。

大家さんご夫婦からの助言は、
「誰も信用するな!みんな自分に都合の良いことしか言わないから!」
「お金も貸すな!親が死んだから必要、という理由を言ってきたりするけど、
それを真に受けると、4回ずつぐらいみんな死んでるから!」

でした。(実はお金、貸しています。)
大家さんが良い人達だから、どれだけデリーの生活を支えてもらっている事か。
ちょっと落ち着いた。

はああ。
楽しいときもあれば、こういうときもあるよね。
わたしが住んでいるのはとても小さな世界だけど、
インドで学生をしてたり仕事をしている人達はもっと大変なんだろうな、
なんてことも思った最近でした。
何事にも動じない強いハートが欲しいー。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


広告

コンサートシーズン到来!

コンサートシーズン、すでにはじまっています。
デリーのコンサートシーズンは暑さが和らぐ10月から
また暑くなる手前の3月ぐらい。
インド古典音楽は毎月のように大きなフェスティバルがあるのですが、
今月は、これ。豪華!

Delhi Classical Music Festival
@Kamani Auditorium 6:30pm daily

2017.10.25
Parveen Sultana (Vocal)
Murad Ali Khan & Fateh Ali Khan (Sarangi)

2017.10.26
Ajoy Chakrabarty (Vocal)
Ajay Prananna (Bansuri)
Akram Khan & Zargham Akram Khan (Tabla)

2017.10.27
M. Venkatesh Kumar (Voal)
Bhuvanesh Komkali (Vocal)
Bahauddin Dagar (Rudra Veena)

2017.10.28
Madhup Mudgal (Vocal)
Nishad Bakre (Vocal)
Bhajan Sopori & Abhay Sopri (Santoor)

2017.10.29
Pt. Jasraj (Vocal)
Nitin Sharma
Shujaat Khan (Sitar)

連日、大御所や、大御所の弟子、子ども、孫、とかが出演するので、
どの日を選んでも当たり!

そして、日本からのJazz演奏者によるコンサートもありますね。
2017.10.28 pm7 @India Habitat Center
JAPAN FOUNDATION主催の日印友好交流年イベントです。
デリーで本格的なジャズが大ホールで聴けるのは、すごく貴重。
Makoto Kuriya – Creative Jazz Ensemble Japan

在デリーNCR日本人の皆さんによるジョイントコンサートも。
2017.11.19 PM4:40 open @LTG Auditorium
バンド、合唱、ダンス、演劇(!)など。
芸達者な方が多いのです、こちらにお住まいの皆さん。尊敬!

「どうやってコンサート情報を入手できますか?」と良く聞かれるのだけど、
インド古典音楽コンサートの情報は、
このfacebookグループがおすすめです。
Classical Music in Delhi | facebookグループ

その他の大ホールでのコンサート情報が知りたい場合は、
各コンサートホールのメーリングリストに登録すると便利です。

India Habitat Center

India Habitat Centre – Subscribe for Event Alert

Kamani Auditorium
Kamani Auditorium – Newsletter

あとは、新聞のイベント欄に毎日いろいろ載っています。

皆さま、良きコンサートライフを!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


 

『Mughal-E-Azam』の歌『Teri Mehfil Mein Qismat』

ミュージカル『Mughal-E-Azam』で嬉しかったのが、この映画のシーンを完全に再現していたことでした。
しかも、全部が生歌!

この場面は、頭に羽をつけているバハール(写真)と、
オレンジの布で頭を覆っているアナールカリーの
即興の歌合戦です。
(現代ならラップバトルみたいなものでしょうか。例えが雅でない!)
皇子サリームと踊り子アナールカリーが恋仲になっているのを知り、
バハール(アクバル皇帝の妻ジョダ妃の付き人。サリームと結婚して王妃になりたい。)は
アナールカリーに「歌合戦をしてサリーム皇子にどちらが
優れているか勝敗をつけてもらいましょう」と挑みます。
ちなみに、バハールは「春」という意味があって、
歌の中でも彼女の名前にかけた歌詞が出てきます。

ヒンディー語、ヒンディー語読み、日本語訳です。
英語訳はこちら参照。

バハール:
तेरी महफ़िल में किस्मत आज़मा कर हम भी देखेंगे
घड़ी भर को तेरे नज़दीक आकर हम भी देखेंगे
अजी हाँ हम भी देखेंगे
terii mehfil men qismat aazamaakar ham bhii dekhenge
ghaDii bhar ko tere nazdiik aakar ham bhii dekhenge
ajii haan ham bhii dekhenge

あなたの宮廷の宴で、運を試して、どうなるか見ることにしましょう
ほんの束の間、あなたの近くに行って、どうなるか見ることにしましょう
ええ、見ることにしましょう
アナールカリー:
तेरी महफ़िल में किस्मत आज़मा कर हम भी देखेंगे
तेरे कदमों पे सर अपना झुका कर हम भी देखेंगे
अजी हाँ हम भी देखेंगे
terii mehfil men qismat aazamaakar ham bhii dekhenge
tere qadamon pe sar apnaa jhukaa kar ham bhii dekhenge
ajii haan ham bhi dekhenge

あなたの宮廷の宴で、運を試して、どうなるか見ることにしましょう
あなたの足元にお辞儀をして、どうなるか見ることにしましょう
ええ、見ることにしましょう
バハール:
बहारें आज पैग़ाम-ए-मोहब्बत ले के आई हैं

बड़ी मुद्दत में उम्मीदों की कलियां मुस्कुराई हैं
ग़म-ए-दिल से जरा दामन बचाकर हम भी देखेंगे
अजी हाँ हम भी देखेंगे
bahaaren aaj paighaam-e-mohabbat leke aayii hain
baDii muddat men ummiidon kii kaliyaan muskuraayii hain
gham-e-dil se zaraa daaman bachaakar ham bhii dekhenge
ajii haan ham bhii dekhenge

今、春(バハール)は愛のメッセージを持って来ました
長い時間の後で、希望のつぼみは花開きました
心の悲しみからただ私たち自身を守って、どうなるか見ることにしましょう
ええ、見ることにしましょう
アナールカリー:
अगर दिल ग़म से खाली हो तो जीने का मज़ा क्या है
ना हो खून-ए-जिगर तो अश्क़ पीने का मज़ा क्या है
मोहब्बत में जरा आँसू बहाकर हम भी देखेंगे
अजी हाँ हम भी देखेंगे
agar dil gham se khaalii ho to jiine kaa mazaa kyaa hai?
na ho khuun-e-jigar to ashq piine kaa mazaa kyaa hai?
mohabbat men zaraa aansuu bahaakar ham bhii dekhenge
ajii haan ham bhii dekhenge

もし心に悲しみが無かったら、生きる楽しみは何でしょう?
もし心が血を流さなかったら、涙を飲む楽しみは何でしょう?
愛の中でただ涙を流して、どうなるか見ることにしましょう
ええ、見ることにしましょう
バハール:
मोहब्बत करने वालो का है बस इतना ही अफ़साना

तड़पना चुपके-चुपके आहें भरना घुट के मर जाना
किसी दिन ये तमाशा मुस्कुरा कर हम भी देखेंगे
अजी हाँ हम भी देखेंगे
mohabbat karne vaalo kaa hai bas itnaa hii afasaanaa
taDapnaa chupke chupke aahen bharnaa ghuT ke mar jaanaa
kisii din yeh tamaashaa muskuraakar ham bhii dekhenge
ajii haan ham bhii dekhenge

恋をしているという人の物語はただこれだけのものなのです
苦しんで、黙ってため息ばかりついて、息ができずに死ぬのです
いつの日かこの物語を笑って、どうなるか見ることにしましょう
ええ、見ることにしましょう
アナールカリー:
मोहब्बत हमने माना ज़िन्दगी बरबाद करती है
ये क्या कम है के मर जाने पे दुनिया याद करती है
किसी के इश्क़ में दुनिया लुटाकर हम भी देखेंगे
अजी हाँ हम भी देखेंगे
mohabbat hamne maanaa zindagii barbaad kartii hai
yeh kyaa kam hai ke mar jaane pe duniyaa yaad kartii hai?
kisii ke ishq men duniyaa luTaakar ham bhii dekhenge
ajii haan ham bhii dekhenge

愛が人生を台無しにすることは、認めましょう
でも、世界が愛のために死んだ恋人達を覚えていてくれるなら十分でしょう?
誰かへの愛で現世を犠牲にして、どうなるか見ることにしましょう
ええ、見ることにしましょう

 

『Pyar Kiya To Darna Kya』の中でもアナールカリーは、愛を死と隣り合わせの悲劇として歌っていましたが、それがこの物語『Mughal-E-Azam』のテーマです。
ムガル皇帝アクバルは、皇子サリームと身分違いの踊り子アナールカリーの恋を認めません。
皇帝の命令に逆らう事が何を意味するかアナールカリーは分かっているので、それを歌っているのです。

この歌合戦の結果がどうなったかというと、皇子サリームがバハールにバラの花を、アナールカリーにバラの茎(トゲ)を渡します。
バハールの歌は恋の華やかな部分、アナールカリーの歌は恋の本質。
そして、ミュージカルではアナールカリーがその後に言ったセリフの後に、観客席から大きな拍手が起きていました。
たぶんインド人誰もが知っているような勇名なセリフかと思うのだけど、聞き取れず。えーん。
英語字幕では「愛にどんな苦しさがあろうとも、わたしは愛に向かって行くわ!」のような意味だったかと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!