読書の冬。コンサートの冬。

お久しぶりです。
自宅にいる時間が長くなって、読書に燃えていました。
ときどき、コンサート。

本は何冊も読んだのだけど、
今日読み終わったのは、これ。
クシュワント・シン 著 『首都デリー』

あまりに壮大すぎて、感想が人に伝えられないけど、
デリーの歴史が神話と考古学の時代から20世紀後半まで描かれています。
デリーにもインドにも興味がなくても、これは小説として素晴らしいのでオススメ。
ヒジュラ(両性具有者)の娼婦を愛人に持つスィク教徒の男性が主人公で、
彼はいろんな国からきた外国人の女性にも手を出しちゃいます。
物語はそこに歴史の場面が挿入されていき、渦巻くような勢いで現代インドへ繋がっていきます。
ほら、なんだか面白そうでしょ?
インド文学、すごいな。かなりの衝撃を受けました。

そして、足を運んだコンサート。

Pt. Ulhas Kashalkar (Vocal)
1/6 @Swami Haridas Tansen音楽祭
Raga Chayanat / Raga Paraj


この方の歌は、どこの部分も上品。
今はおじいさんですが、若い頃のお写真は、

きゃあー、イケメン!

グンデチャ・ブラザーズ
Umakant Gundecha / Ramakant Gundecha (vocal)
Akhilesh Gundecha (Pakhawaj)
1/15 @IHC
Raga Desi

朝からドゥルパドの広く深い世界に浸れて至福。

Ud. Shahid Parvez (Sitar)
Ud. Akram Khan (Tabla)
1/28 @IGNCA
Raga Shuddh Sarang – Vilambit Teentaal / Shashanka taal(5.5) / Drut Teentaal
Raga ? / Mattaal / Teentaal (Raga Patdeep?)

いやーん。素敵でありました。うっとり。
はりつめた空気の中の美しい演奏、大好きなのです。

そして、次に行く予定のコンサートは、こちら。
2月13日@Modern School, Barakhamba Road
Ud. Shujaat Khan (Sitar)
Ud. Zakir Hussain (Tabla)

うおおおお!
タブラ奏者ザキール・フセインがついにデリーに来ます!
わたしの知る限り、この一年間はデリーでザキールの演奏はなかったので、
待ちに待ったコンサート。
そして、シタール奏者のシュジャート・カーンという、
これまたスリリングな展開になりそうな組み合わせ。
詳細はこちら。https://www.facebook.com/events/399189973747949/
入場無料ですが、招待券が以下の場所で手に入ります。
– Rikhi Ram & Son, Marina Arcade, Connaught Place 店頭に無い
– Bahri Sons, Khan Market 残りわずか
– Adarsh Stores, Indian Oil Bhavan, Janpath 未確認
– Midlan Book Store, Aurobindo Market 未確認
– All Address Home outlets in Delhi 未確認

わたし?手に入れました。
これで、あとは2月13日を待つのみ。いぇい!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


Swami Haridas Tansen音楽祭、始まりました!

デリーで一番大きなインド古典音楽イベント、
Swami Haridas Tansen音楽祭が昨日1月5日から始まりました。

tansen2017
Swami Haridas Tansen Sangeet Nritya Mahotsava

わたし、風邪をひいてしまって、初日はお休み。
音楽祭の会場は半分野外みたいなものなので、寒いんだもん。
それと、
「別に音楽祭へ行かなくても、デリーできちんとしたホールでいつでも聴けるじゃん」
なんて思い始めちゃって、音楽祭へ行くモチベーション、だだ下がり。

ですが、
日本から音楽祭目当てで、日本人の方達が来ていたり、
デリー在住の友人達が、「仕事のあとに行く」だの
「違う場所での別の公演を見てから行く」だの連絡をくれたり、
日本在住の友人が、「今日はウルハスジーが出るよ」と教えてくれたり。

これこれ!このお祭り感!
インドの音楽祭独特のワクワクする感じを思い出しました。

インド古典音楽を好きになって、かれこれ20年近く、
ヴァラナシのShivaratri、Dhrupad Mela、Sankat Mochan、
コルカタのDover Lane、などの音楽祭を追いかけて、
友人達と誰が出演するか情報収集したり
(ヴァラナシは紙のチラシを入手してもヒンディー語で書いてあって苦労した!)、
いつ休んで、いつに行くか計画を立てたり
(ヴァラナシ、コルカタの音楽祭はオールナイトなので、全部行くと、大変)、
会場で、音楽好きの友人達と再会したり、
演奏を聞いた後は、あーだこーだ好き勝手に感想を言い合ったり、
音楽祭と、それに関する全部がわくわくな時間だったのでした。

今年のこのSwami Haridas Tansen音楽祭、
全部行くのやめようかな、なんて思っちゃったけど、
やっぱり、行く事にします。
今日1月6日の目玉は、やはり声楽のウルハスジー。

1月8日(日)まで毎日やっているので、
デリーに今いる方は行くといいですよー。
一緒にわくわくしましょ!

Swami Haridas Tansen Sangeet Nritya Mahotsava
場所:Sir Shankarlal Hall, Modern School, Barakhamba Road, New Delhi
開演時間:18:30 (それぞれの演奏が1時間ぐらい。終演は22時すぎます。途中入退場可能)
入場無料。パスがなくても入れると思いますが、サイトから簡単にパスの申込できます。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


 

インド古典音楽をがっつりと!1月5日-8日 Swami Haridas Tansen音楽祭@デリー

インド各地に有名な音楽祭がありますが、
デリーならSwami Haridas Tansen音楽祭です。
インド古典音楽の素晴らしい演奏が一度に聴けるので、
音楽好きな方、気になっている方に、超おすすめ!

tansen2017
Swami Haridas Tansen Sangeet Nritya Mahotsava
場所:Sir Shankarlal Hall, Modern School, Barakhamba Road, New Delhi
開演時間:18:30 (それぞれの演奏が1時間ぐらい。終演は22時すぎます。途中入退場可能)
入場無料。パスがなくても入れると思いますが、サイトから簡単にパスの申込できます。

DAY1:2017年1月5日(木)
DR. ASHWINI BHIDE DESHPANDE (VOCAL)
AMAAN ALI BANGASH (SAROD)
PT.CHHANNULAL MISHRA (VOCAL)

DAY2:2017年1月6日(金)
UMA SHARMA (KATHAK)
PT. ULHAS KASHALKAR (VOCAL)
UD. AASHISH KHAN (SAROD)

DAY3:2017年1月7日(土)
PT. VISHWAMOHAN BHATT (MOHAN VEENA) & THE MANGANIYARS
SMT. SHUBHA MUDGAL (VOCAL)
PT. HARIPRASAD CHAURASIA (FLUTE)

DAY4:2017年1月8日(日)
USTAD SHUJAAT KHAN (SITAR)
USTAD AMJAD ALI KHAN(SAROD)


名前見ても、分かんないって!という方へ。
出演者をざっくり紹介~。
(わたしの好み、思い込み入っております!)

DAY1:2017年1月5日(木)
DR. ASHWINI BHIDE DESHPANDE (VOCAL)
迫力のある、かつ、柔らかい歌声。聴いていて飽きません。微笑みながら歌う方なので、それを見るのも楽しみ。
AMAAN ALI BANGASH (SAROD)
DAY4に出演のUD. AMJAD ALI KHANの息子さん。苗字を有名なお父さんと変えたのは、自分ひとりでやっていくという意思?
繊細で誠実な演奏が素敵です。ちなみに、イケメン。
PT.CHHANNULAL MISHRA (VOCAL)
これぞインド土着的な歌。観客の盛り上がりも、とてもインド的。ヒンドゥー教的な要素が強いのでヒンドゥー寺院で聴いているような気分になれます。

DAY2:2017年1月6日(金)
UMA SHARMA (KATHAK)
有名カタックダンサー。この音楽祭の主催者でもあります。もうお歳ですが、手つきだけでもダンスの世界を表現できて、鳥肌もの。
PT. ULHAS KASHALKAR (VOCAL)
「ウルハスたん!」と一部のインド音楽好き日本人女子達からも大人気。とても柔らかく、美しい歌の世界。うっとり。
UD. AASHISH KHAN (SAROD)
大御所。インド古典音楽の崇高さが伝わるような演奏。

DAY3:2017年1月7日(土)
PT. VISHWAMOHAN BHATT (MOHAN VEENA) & THE MANGANIYARS
スライドギターでキラキラ。マンガニヤールは、ラジャスターン伝統音楽のグループかな。どんな演奏になるんだろう。
SMT. SHUBHA MUDGAL (VOCAL)
デリー在住のライトクラシカルを得意とする歌手。もちろんインド全体で有名な方です。
PT. HARIPRASAD CHAURASIA (FLUTE)
もうお歳で、笛を吹くのも大変そうなのだけど、音楽の美しさの表現が素晴らしいです。他の演奏者の追随を許さない世界。
話も面白くて、インド人観客から人気絶大。

DAY4:2017年1月8日(日)
UD. SHUJAAT KHAN (SITAR)
シタールという楽器の美しさを知るには、この方の演奏を聴くことをオススメします。美しさが深まっていくのを聴くのはこの上なく楽しい。
歌(Ghazal)も素敵なので、歌ってくれることも期待。
UD. AMJAD ALI KHAN(SAROD)
大御所。色んなラーガ(メロディー)をたくさん演奏するのでは、と予想。


行かれる方、きっと寒いので、防寒をしっかりと!(屋根はあるけどほぼ野外です)
そして、とても混むので、良い席を確保したい場合は、早めに行くか、誰かに頼んでおくと良いです。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
押してもらえると、やる気がでます~