フルタイムのメイドを雇うことになった

デリーの国立博物館が大好きなので、休日に行ってきました。
ガンジス河展、素晴らしかったです。(6/20で終了。)
この博物館、細密画からブッダのお骨までコレクションが膨大で、
何度も行きたくなってしまう。

それと関係ないのですが、
色んな事情が重なって、
今まで雇っていた掃除のおばちゃんを解雇して、
新しくフルタイムのメイドを雇う事になりました。
(メイドなんて贅沢な!というのが日本人の感覚だけど、
メイドについての話は、こちらで。メイド | 猫の日記

大家さんから、
「掃除の彼女には前もって解雇の話は伝えないように。
当日に伝えて、お給料は多めに渡すように。」

と言われていたので、その通りにしました。

掃除のおばちゃん、最終勤務日。
どうしてもフルタイムのメイドが必要な理由を彼女に伝えると、
みるみる目に涙が。
2年間、ほんとうに真面目に働いてくれて、
前日まで一緒に「今日は風があるねえ」なんて楽しく話していました。
「分かりました。」
そう言うと、体を屈めて私の足に触れました。(インド式の目上の人にする丁寧な挨拶。)
彼女を起こして、ぎゅっとハグ。
他に兼任している仕事があるとはいえ、突然の解雇は本当に申し訳ないから、
多めのお給料(大家さんに言われたよりもだいぶ多め)、プレゼント、
そして英文の紹介レターを渡しました。
(日本人が見るこちらのサイトにも募集を載せてみました。
新しい勤め先、見つかりますように。)

そして、新しく来たフルタイムのメイドAちゃん。
なかなか良い子です。
(それを大家さんに伝えたら、
「そりゃあ最初は気に入られようとするから、まだ判断しないように。」
と釘をさされてしまった。)

彼女も英語を話さないから、
ここ数日は毎日ヒンディー語で家事全般の指示を出しています。
そして台所で料理を一緒にしながら、雑談。ヒンディー語クラスのよう。
わたしが楽になる予定が今のところかえって大変だけど、
メイドと同居、というインド的な生活をしばらくしてみるつもりです。
まあ、どうにかなる!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


外へ出ない日

けっこう長く体調が悪くて、
でも通院していて原因も分かっているし、
薬も飲んでいるので、
必要な時以外は、ただただ自宅にいます。
(友人達からのお誘いを全て断っていて、本当にごめんなさい~。)

日本だと自宅から一歩も出ないと、
「わ、今日、誰とも話していない!ひー!」となったりしますが、
インドは、どうも違うみたい。

今日の1日。

朝、シャワーを浴びようとすると、玄関のベルが。
「ココナッツいりますか?」
ココナッツ売りのお兄ちゃんでした。
少し前に、大家さんのメイドちゃんと話していたら、
「お姉ちゃん、体調悪いんなら、ココナッツウォーター飲むといいよ。
こんど、ココナッツ売りの人に持ってくるように伝えとくよ。」
と言ってくれたので、たぶん彼女が手配してくれたらしい。
「ココナッツウォーターだけのやつ?それとも中身も食べれるやつ?どっちにしますか?」
「ココナッツウォーターだけのやつ下さいな。で、いくらですか?」
実はメイドちゃんから「マミージー(大家さん奥さん)は3個100ルピーで買ってるよ。」
聞いていたんだけど、その値段ではココナッツ売りのお兄ちゃん、首を縦に振らない。
交渉の結果、1個40ルピーを4個150ルピーにしてもらいました。
もうちょっと頑張ればもっと下がったかもしれないけど、ま、外国人なので仕方ない。

シャワーを浴び終えると、掃除のおばちゃんが来る。
「グッドモーニング!お元気ですか?」
「グッドモーニング!元気ですよー。」
毎朝お決まりの挨拶。
掃除の途中で彼女が
「ちょっと、見てください!」
と言うもんだから、見てみると、うちの猫が仰向けに大の字になって寝てる。
2人で大笑い。

掃除のおばちゃんが帰った後、
近所の雑貨屋へ電話。
20リットル入りの飲料水のボトルの配達を注文。
いつも、わたしがヒンディー語、雑貨屋のおばさんは英語、という会話になるけど、
かたくなにヒンディー語で話したら、今日はヒンディー語で返してくれた。
値段をいつもより20ルピー高く言われたけど、色々話して元の料金におさまる。

15分後、雑貨屋の少年が水のボトルを届けてくれる。
本当はチップをあげた方がいいのかな?と思いつつ、
ボトル代に配達料が入ってるはずだと思って、今日もチップなし。次回どうしよう。

お昼前、大家さんのメイドちゃんが来る。
「お姉ちゃん、これさあ、冷蔵庫に入れておいてくれない?
夕方に取りに来るから。」

「いいよー。冷蔵庫の中ね。」
謎のおかずを預かる。

夕方、
用事があって知り合いのタクシー運転手がうちに顔を出す。
思いきりドアを開けたら、ドアの前に立っていた彼にぶつけてしまった。
大きなターバンを巻いていたから、頭は無事だったはず。

夜、
大家さんのメイドちゃんがおかずを取りに来る。
「ありがとう!外見た?良い風吹いてるよ!」
と言い残して、自分の部屋へ階段を登っていった。

ベランダから外を見ると、
風が吹いていて、周りの木がそよそよ揺れてる。
と、アイロン屋さんが自転車で来るのが目に入る。
ベルが鳴る。
「ハロー!」
アイロン屋さん、いつも満面の笑み。
「サンキュー!グッドナイト!」
アイロンしてもらった服を受け取る。
いつものやりとり。

と、
今日はこんな1日でした。
なんだかんだ、外に出なくても人と話しています。
誰とも話したくない!という気分だとちょっと辛いかもしれないけど、
幸い、良い気晴らしになっていて、丁度良い感じ。

ココナッツウォーター、南インドで買ったら一個20~25ルピーなのに、
なんて思いつつ、
ありがたく毎日飲むことにします。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


災難と、インド人の優しさ

久しぶりの日記が、トホホな話だけど、
書く事がわたしの場合、自分を落ち着ける一番の方法なので。

写真は全く関係ないけど、気休めと、清涼感のために貼っておきました。
今年行って惚れてしまったヒンドゥー寺院、
オルチャのチャトゥルブジ寺院。

今日、某カフェへ行きました。
すると、運転手から電話。
「今すぐ2000ルピー貸してください」
「嫌です。持ってないから。」
持ってたんだけど、買い物する予定だったから、手元に残しておきたかった。
「お願いします。貸してください。」
「どうして?しかもなんで今?」
という問答を何度も繰り返してようやく、
「車を他の車にぶつけたんです。そのドライバーにお金を出せと言われています。」
これは出さないと仕方ない。

運転手に2000ルピーを渡したすぐ後、
インド人マダムがカフェに乗り込んでくる。
「さっきドライバーにお金を渡した人は誰?」
「私です。どうしましたか?」
「彼が私の車にぶつけたんだけどね…」
「すみません!」
「実は…」

「社会的にあなたに伝える義務があると思うから、
全部あなたに伝えるんだけどね…」
と、穏やかにマダムが話してくれた内容は、以下。
・運転手は停車中のマダムの車にぶつけた後、逃げようとした。
・マダムの運転手と周りの人で追いかけて捕まえた。
・自分はタクシードライバーで、この車もタクシーだと言い張った。
(うちの車は自家用車だし、それはプレートの色で分かるし、謎の嘘。)
・マダムの運転手が700ルピーを修理代で渡せ、と要求したけど、まだお金を渡していない。
(700ルピーなのに、わたしに2000ルピーと嘘を言って差額を自分で貰おうとした?)
・運転手はきちんとまっすぐ立つことすらできなくて、泥酔している。
(気づかなかったのは私だけだったみたい。なんてこと。)
・このまま運転させたら、対人事故を起こしかねないから、もう運転させない方がいい。

この話をきいて、頭をかかえてよろける私を、
「大丈夫よ。あなたは落ち着いて。」と慰めてくれるマダム。

現場へ行くと、警察も来ていて、人も集まっていて、
運転手は「許してください。神に誓ってもうしません。」と言っていたけど、
わたし、即刻クビにしました。
実は臨時雇いの運転手で先週から来てもらっていた人。
みんなの見ている前で2000ルピーを取り戻して、
その後、実質働いた1週間分の給料を計算して、その分を手渡し。
相手の運転手に700ルピーを渡させる。
マダムも彼女の運転手も警察も周りの人も、これで良し、となって、
運転手にはその場でクビを言い渡して、行ってもらいました。

ただ、問題になったのは、うちの車をその場所から自宅までどう運ぶか。
すると、
「わたしの用事が終わったらうちの運転手が運転するわよ」
マダムが笑顔で言ってくれました。

それだとあまりにも申し訳ないから、
結局は、大家さんに電話して、大家さんの運転手に迎えに来てもらって、
無事に自宅へ戻りました。

ふわ~!疲れた!

そこから、大家さん宅で事情を全部伝えて、
大家さん夫婦に「もう大丈夫よ。無事に帰れたし安心しなさい。」と慰められて。
その後、大家さんメイドちゃんがうちに来て、
「これ、神様からのおさがりよ。食べて落ち着いてね。」
と、米菓子をくれました。
(大家さんからは、その運転手が前から飲酒運転で近所では有名な人で、
なんで臨時で雇う前に相談してくれなかったの?ともきっちり言われてしまった。
これは私の落ち度。)

災難だったけど、
ぶつけた車の持ち主のマダム、その運転手、大家さん、大家さんの運転手、大家さんのメイドちゃん、
みんなの優しさが、身に染みてしまって。

インド人は弱っている人を見ると、本当に優しいです。
わたしも、この優しさを誰かへと回していきたい。
そして皆に迷惑かけないように、もっと私もちゃんとしよう。
そんな結論の1日でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!