インド映画『ブルカの中の口紅』

先週インドへ戻りました。
そして、先週と今週はインド在住の友人達に会いまくり。
近所に引越してきたご夫婦のお宅へ行ったり、
友人達とマレーシア料理食べに行ったり、
パン教室へ行ったり、
今日も近所の友人とカフェで喋りたおしたり。

これは単に運が良くて出会えているのだけど、
わたしの周りにはインドに対して、
広く多角的な視野で見ている友人が多いです。
例えば、「修理の人呼んでもたいてい時間通りには来ないよね」なんていう愚痴も、
その背景には、
(インド人にも色んな人がいて本当に素晴らしい人達もいるし、
インドの文化にも習慣にも魅力的なところがいっぱいある)

という共通認識があるから、
なんでもカラッと楽しく話せてしまうのです。
感謝!

そして、そんな友人達の間で話題になっていた映画があって、
ようやく今日観てきました。
先に日本で公開していたから今さらなのだけど、
『LIPSTICK UNDER MY BURKHA』(ブルカの中の口紅)です。
Lipstick Under My Burkha (2016) – IMDb
第29回東京国際映画祭 | ブルカの中の口紅 (2016年に東京で上映されていました)

これは、予想以上に面白かった!
ほとんど予備知識なく見て楽しめたので、ここで内容は書かないけれど、
キーワードは「女性の立場」。
そして、(善悪は別にして)女性が自分の意思で動く、という描写が
とても丁寧でリアリティーがありました。
ちょっとインドで上映するには過激な内容なんだけど、
インドでの評価も良いようで、本当に良い映画は皆んな観に行くんだなあ、と。

デリーでもまだ上映しているので、
見てない方は急いで~。
そして、日本では9月8日に「あいち国際女性映画祭2017」で上映されるようですよ。
ブルカの中の口紅 – あいち国際女性映画祭2017


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


小説「The Immortals of Meluha」

読了。
日本語訳がまだ無いから、
英語で読みました。
読んだ事のない本を英語で一冊丸々読んだのは
この本が初めて!
Kindleの辞書をひきながらだけど、
きちんと読み込みたくなる内容だったのです、これ。
日本amazonで本もkindle版も購入可能です。
The Immortals of Meluha : Amish Tripathi : 洋書 : Amazon.co.jp

物語は、シヴァの話。
シヴァShivaは、有名なインドの神様の1人だけど、
この本では、人間として登場します。
普通の(ちょっと普通じゃないけど)人間シヴァが
悩んだり、恋をしたり、学んだりしながら、
成長していく話。
その人間的な人物像がとても魅力的です。

作者Amish Tripathiは神話、歴史などを元にしつつ、
フィクションとしてこの本を書いたらしく、
その配分が丁度良くて、とても面白いです。
たとえば、ヨガのポーズでVeerbhadraヴィーラバドラ(戦士のポーズ)というのがあるけど、
この本の中では、
”ある日、シヴァの昔からの友人Bhadraが素手で虎を倒したので、人々は彼をVeerbhadra(勇敢なBhadra)と呼ぶようになった”
という逸話でその単語が出てきます。
どこまでが作者独自の創造かは良く分からないのだけど、
知ってる単語が所々に出てくるのは、とても面白い。
もちろん、神話で「シヴァの妻」とされているSatiサティも出てくるし、
インド内外の地名や、習慣に関する事もたくさん出てきます。

それと、「カースト」に関する内容も出てきて、
上位カースト側から見たカーストを正当化する話かなあ、と
最初嫌な気分になったのだけど、
・・・興味ある人は読んでみてください。
物事が多面的に書いてあって、それもこの本の好きなところです。

3部作なので、2作目もすでに購入済み。
暑くて外へ行きたくないから、読書の夏。

映画化も決まっているようですね。
絶対面白くなるから、早く作って!

Shhuddhiの公開が今年ひかえているKaran Malhotraが監督するそうです。
The Immortals of Meluha – Wikipedia, the free encyclopedia

※主役はTiger Shroff?個人的にはHrithik Roshan希望!
Tiger Shroff to replace Hrithik Roshan in ‘The immortals of Meluha’ by Dharma productions? | Latest News & Updates at Daily News & Analysis


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


ヒンディー映画「NIL BATTEY SANNATA」

「とても面白い」と人に聞いたのと、
公開から1ヶ月以上経っているのに
お昼の見やすい時間に上映がまだあったので、
「NIL BATTEY SANNATA」を観てきました。
(でも、上映はデリー内の映画館で2箇所、各1回のみ)

詳しい説明は、ポポッポーさんで。
【Nil Battey Sannata】 : ポポッポーのお気楽インド映画

昨日観にいった「Alice Through the Looking Glass」が公開1週間目だというのに、
観客が8人ぐらいだったから、
ちょっと地味だし、公開後1ヶ月以上経っているから、
この映画の観客なんてさぞ少ないだろうと思ったら、
なんと30人ぐらいでした。
女性一人で観に来ている人もちらほらいて、
かなり人気のある映画のよう。

そしてこの映画、期待していた通りとても素敵でした。
娘と同じ学校へお母さんも通っちゃう、という
ちょっと「とんでも」な内容なのだけど、
人物もストーリーも丁寧に描かれていて、
穏やかに見入ってしまう映画でした。
登場人物みんなが魅力的なのも良かったな。

観ながら思ったのが、
主人公の女性と、我が家に掃除に来てくれているおばちゃんが重なるなあ、と。
映画の女性は、メイドと、靴工場や洗濯場などの雑用をして、女手1人で娘を育てています。
そして、我が家の掃除のおばちゃんは、掃除4軒、食事1軒の合計5軒の家を周って働いていて、
女手1人で子供3人を育てています。(旦那はいるけど、アル中で無職。)

子供を守ろうとする女性は、本当に強い。
掃除のおばちゃんも、
「上の子供達2人のテストの点が良かったんですよ。本当に嬉しいです。でも、下の子が勉強に興味が無いみたいで、困ってて。」
なんて話をしながら、すごく真面目に働いています。
私以外の雇い主たちは皆インド人なのだけど、皆とも良好な関係のようで、
「怪我をしたのですが、あのマダムが絆創膏をくれました。」
だの
「あっちのマダムのお宅で子供の誕生日会があって、わたし、20人分の食事を作ったんですよ。皆とても喜んでいました!」
だの
嬉しそうに良く話してくれます。

同情で基準以上の給料をあげる、ということは良くないと思ってるから、
それはしないけど、(時々お小遣いはあげちゃう)
仕事ぶりを見ても、頑張っているなあと関心しています。

そんな彼女とも重なって、
清々しい気分になれた、良い映画でした。
おすすめ。

※追記
「NIL BATTEY SANNATA」は「ニュ-・クラスメイト(The New Classmate)」という題名で今年7月にSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016で上映されるみたいです。日本の方、是非!
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016 | SKIP CITY INTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL
7.17(日)14:00
7.20(水)11:00


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!