インドでだまされた話

今から16年前の話。(古い!)

バラナシという街に2ヶ月ほど滞在していました。
それは3回目のインド旅行で、2回目のインド一人旅でした。

小さな安宿に泊まっていたのだけど、
ある日の日中、そこの従業員に、
「話があるから、ちょっと屋上に来てくれない?」
と呼び出されました。

今でも鮮明に覚えているけど、
誰かの黒と黄色のトラ柄のブリーフが洗濯紐にぶらさがってはためくのを
横目に見ながら、従業員の彼と2人きりで話をしました。
「宿の水道代を払わないといけないんだけど、
今、宿に十分なお金がないんだ。
今日中に払わないと、水が止められてしまう。
宿代を先に払ってくれないか?
後からその分は引くから。」

その頃の私は今思うと信じられないほど英語ができなくて、
どうやって一人旅をしていたかすら謎だけど、
いつも気さくに話しかけてくれる宿の従業員とは
会えば挨拶や雑談するぐらいの良い関係でした。

「いいよ。
でも、その金額をここに書いてね。」

と、お金を渡しつつ、念のために宿の名刺の裏側に金額を書いてもらいました。

「あのさー、あと少し出してくれない?」
「うん、いいよー。はい。」
追加で求められた金額も彼に渡しました。
でも、その追加分の金額は書いてもらうのをなぜか忘れた。

夜になって、
事態が急変。
宿のオーナー、オーナーの友人達が宿に集合して、
深刻に話し合ってる。

わたしがお金を貸した従業員が、とんずらしたらしい。

どうも、わたしを含め、複数のゲストから
「宿の水道代」と称してお金を借りて、
それを自分の懐に入れて、荷物をまとめて村に帰ったらしいとのこと。

宿のオーナーに名刺の裏側に書いた金額を見せると、
「これは宿の水道代としてあなたが払ったのだから、
この分は、わたしから返金します。」

と、お金を返してもらえました。

が、
「後で追加で払ったという金額は、どこにも証拠がないから、
払うことはできません。」

がーん。

小さな出来事だけど、
信頼していた人に裏切られて、
お金も戻ってこなくて、
とてもショックを受けました。

でも、そもそもの話、
知り合って数ヶ月の人(従業員)を信頼する、
というのは、普通に考えて、私が甘いし、
その状況を思い出すと、
屋上で2人きり、
水道代は宿のオーナーがなんとかするはずなのに
従業員(下っ端)がお金の話をしてくる、
など、おかしいことばかり。

その後も何度もインドへ旅行で行っているし、
今は住んでいるけど、
この時の経験が、今も残っていて、
いつもどこかで
「相手の行動がおかしくないか、状況がおかしくないか」
を頭においています。

他人を疑う、というのとはまた違って、
どこか客観的に、その場を見る感じ。

何が書きたかったかと言うと、
「インドでだまされた!」という人がいるけど、
客観的に見て行動できなかっただけかもね!ってことと、
「人を疑って生活するなんて、窮屈でしょ!」とかも言われるけど、
いやいや、客観的に見ているだけであって、人付き合いは普通です、
ってことでした。


タイトルと全く関係ないけど、
こちら、来て2週間の新しいメイドAちゃんが作成した夕ご飯。
味付け以外は、口頭の指示だけで作ってくれました。
チキンカツ、いんげんとパニールの炒めもの、サラダ、土鍋で炊いた玄米、オクラとネギの味噌汁。
すばらしい!

 

それにひきかえ、私の2週間の努力は、こちら。

字も汚いけど、綴りめちゃめちゃ。
覚えたら消していくつもりが、覚えられない。
ひどい。。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


インドで性的被害を受けそうになった話

わざとこんなタイトルを書いたのは、
日本人女性がインドで性的暴行を受けた、というニュースを見たからです。
日本人女性、インドで性的暴行被害 南部を旅行中 容疑の25歳男逮捕 – 産経ニュース

被害に合った女性が早く事件を忘れて、立ち直りますように。
これからインドを旅行する人が、日本や他の国で自分の身を守るのと同様に、
インドでも気を抜かないで、安全に旅行を楽しめますように。
そして、もし誰かの役に立てば良いな、と思い、
わたしの若かった頃の軽率な行動と、その結末を。

21歳の頃、1人でインドの地方を旅行していました。
当時その地方は、外国人旅行者はある程度いたけれど、
1週間も滞在すれば町中の人から顔を覚えられるぐらいの小さな田舎でした。

ある日、わたしは小さなお土産屋さんでチベット仏教の宗教細密画「ヤブユム」を見ていました。
ヤブユムは男女結合像のことです。(気になったらググって!)

すると、店番をしていた50歳ぐらいのおじさんが声をかけてきました。
「2階にはもっとあるから、2階においで。」
わたし、狭い階段を登って2階へついて行きました。
2階は小さな部屋で、床に座ると、おじさんは雑談を始めました。
そして突然、おじさんの手が、わたしの太ももに。
わたし、すぐに手を払って、
「わたし、日本に彼氏がいるんですよ。ほら。」
と、当時の彼氏の写真を見せました。
すると、おじさん、
「いいじゃないか、今は彼氏は遠くにいるんだから。」
と。
わたし「ここの現地の言葉でGood Byeは何て言いますか?」
おじさん「XXXXだよ。」
わたし、「XXXX!」と笑顔で言って、
階段を駆け下りて、外へ逃げました。

わー、今振り返ると、隙だらけ!あんた、ばっかじゃないの!って感じです。
つっこみどころばかりですが、
まず、どんな場所かも分からないのに男性と2人きりになる場所へついて行く、ってのがダメ。
そんなこと、日本でもしないのに。
そして、体を触られたのに、すぐ逃げないなんて。

それまでも用心深く旅行をしていたつもりだったけど、
さらに気をつけるようになりました。

でも、旅行先でやりたい事はあるわけで、
安全だけを考えて全部を諦めるのは嫌。
なので、
例えば、性的表現のある美術品を見るときは、他のお客さんもいるお土産屋を選ぶ、とか、
男性と2人になりそうな場所は避ける、誰か他の人から必ず見える場所を選ぶ、とか、
工夫をするようにしました。

過去にもインドでの性的暴行事件で思ったことを書いたので、
リンクを貼っておきます。
痴漢とか、防げないこともある。 | 猫の日記
毅然とした態度と、敬意と、笑顔と。 | 猫の日記

インド、面白い国なので、
これから旅行する人は、安全に楽しんで欲しい!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


デリー・アグラでの外国人(STAY VISA / PAN CARD保持者)の遺跡入場料

インドのルールは流動的だし、
その時の担当の係員の判断にも左右されるのだけど、
今回のデリー・アグラ旅行での入場料がどうなったかです。

※1は2015年。それ以外は2016年10月の情報。

STAY VISA : インドに6ヶ月以上滞在する人の外国人登録。A4の紙切れ一枚。詳細はこちら
PAN CARD : インドで納税をしている人の証明カード。

%e3%83%87%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%82%b0%e3%83%a9%e8%a6%b3%e5%85%89-%e6%96%99%e9%87%91

タージマハル
わたし「デリーの遺跡ではSTAY VISAを見せれば、ローカル料金になりましたよ。」
係員「タージマハルは特別なんです。STAY VISAがあっても、外国人料金です。」
とのことでした。

ファテープル・シークリー
チケットカウンターでもめてる日本人男性がいたので、わたしも加勢。
男性はPAN CARDを見せていました。
日本人男性「PAN CARDは納税の証明だから、ローカル料金になるはずです。」
わたし「デリーの遺跡ではPAN CARDの提示でローカル料金になりますよ。」
係員「いえ、ダメです。PAN CARDはIDじゃないので、外国人料金です。STAY VISAはIDなので、ローカル料金になります。」
とのこと。ちょっと謎が残ります。

デリー・アグラ以外のインド国内でも、その時によって対応が違ったりするので、
STAY VISAとPAN CARDがある場合、「ローカル料金になったらラッキー」ぐらいで思っているのが良いのかも。
外国人料金を払うはめになった場合は、遺跡の修復費を多めに負担できた、と喜ぶことにしましょう!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!