『Mughal-E-Azam』の歌『Pyar Kiya To Darna Kya』

先日、ミュージカル『Mughal-E-Azam』を観てきました。
もう、見事!と言うしかない素晴らしい内容。
映画の単なる再現ではなくミュージカルとして一つの作品になっていて
しかもセンスも良かった~。
ダンサー達が宮廷の踊り子役と、
物語の雰囲気を伝える象徴的な役割を兼ねていて、
それが全てカタックダンス、というのも素晴らしかったし、
アナールカリーの歌は役者の生歌、というのも臨場感がすごかった!

そして、その中の歌『Pyar Kiya To Darna Kya』
『恋をしても何を恐れることがあるでしょう』がとても好きなので、
日本語訳をしてみました。

この映画のシーンを少し説明すると、
椅子に座っているのが、
真ん中:アクバル皇帝、左:妻のジョダ・バイ、右:息子のサリーム。
踊って歌うのはサリームと恋仲のアナールカリー。
サリームの隣に立っているのがアナールカリーの恋敵バハール。
この場面の前にバハールから「アナールカリーはただムガル王妃になりたいだけ」と
吹き込まれたサリームはアナールカリーの自分に対する恋心に疑問を持っています。
本当の自分の気持ちを伝えるためにアナールカリーが歌ったのがこの歌。
歌詞は熱烈なサリームへの愛の気持ち。
心を溶かしていくサリーム。
自分の言った事が嘘だとバレて後ろへ下がるバハール。
アナールカリーとサリームの恋を認めていないため怒りを表すアクバル皇帝。
それを見て不安になる妻のジョダ・バイ。
という、短いけど、それぞれの人物の感情が詰まった、
この映画で重要なシーンです。

ヒンディー語、ヒンディー語読み、日本語訳、を載せてみました。
英語訳はこちら参照。

इंसान किसी से दुनिया में
एक बार मोहब्बत करता है
इस दर्द को लेकर जीता है
इस दर्द को लेकर मरता है
insaan kisii se duniyaa men
ek baar mohabbat kartaa hai

is dard ko lekar jiitaa hai,
is dard ko lekar martaa hai
 

この世で一度誰かに恋をした人は、
その痛みと共に生きるのです。
その痛みと共に死ぬのです。
प्यार किया तो डरना क्या
जब प्यार किया तो डरना क्या
प्यार किया कोई चोरी नहीं की
छुप छुप आहें भरना क्या
जब प्यार किया तो डरना क्या
प्यार किया तो डरना क्या
pyaar kiyaa to Darnaa kyaa?
jab pyaar kiyaa to Darnaa kyaa?
pyaar kiyaa koii chorii nahiin kii
chhup chhup aahen bharnaa kyaa?
jab pyaar kiyaa to Darnaa kyaa?
pyaar kiyaa to Darnaa kyaa?

恋をしても何を恐れることがあるでしょう?
恋をした時に何を恐れることがあるでしょう?
恋をしたのであって、盗みをしたわけではないのです、
どうしてだまってため息をつかなくてはならないのでしょう?
恋をした時に何を恐れることがあるでしょう?
恋をしても何を恐れることがあるでしょう?
आज कहेंगे दिल का फ़साना
जान भी ले ले चाहे ज़माना
मौत वही जो दुनिया देखे
घुट घुट कर यूँ मरना क्या
aaj kahenge dil kaa fasaanaa
jaan bhii le le chaahe zamaanaa
maut vahii jo duniyaa dekhe
ghuT ghuT kar yuun marnaa kyaa?
さあ今、わたしの心の物語を伝えましょう、
たとえ世界がわたしの命さえとろうとしても。
もしわたしを待つのが死だけなら、
どうして口を閉じ息を詰まらせて死ななくてはならないのでしょう?
उनकी तमन्ना दिल में रहेगी
शम्मा इसी महफ़िल में रहेगी
इश्क में जीना इश्क में मरना
और हमें अब करना क्या
unkii tamanna dil men rahegii
shamma isii mehfil men rahegii
ishq men jiinaa, ishq men marnaa
aur hamen ab karnaa kyaa?

彼への愛の欲望は心に留まり続ける。
愛の炎はこの宴で燃え続ける。
愛に生きて、愛に死ぬ、
それ以上にわたしは何をする必要があるでしょう?
छुप ना सकेगा इश्क हमारा
चारों तरफ़ हैं उनका नज़ारा
परदा नहीं जब कोई खुदा से
बन्दों से परदा करना क्या
chhup na sakegaa ishq hamaraa
chaaron taraf hai unkaa nazaaraa
pardaa nahiin hai jab koii khudaa se,
bandon se pardaa karnaa kyaa?

わたしの愛は黙っていることができないし、
周りから見えているのです。
もし神さまから覆い隠す事ができないのなら、
どうして人々から隠さなくてはならないのでしょう?

(日本語訳も説明も私の思い違いがあったら、こっそり教えてください!こっそり直します!)

9/21-24で追加公演があるので、
もし興味のある方は是非~!
平日は夜公演のみ、土日は昼公演、夜公演ですよ。
Mughal-E-Azam | bookmyshow


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


 

広告

4人目のメイド、5人目の運転手

今日の夕食、メイドAちゃん作。
わたしが食べたい物を作ってもらったから
変な組み合わせになっちゃった。
アルゴビ(じゃがいも・カリフラワーカレー)、
オムレツ(指示を間違えて、本当は大根おろしを作ってもらうつもりが、
大根のみじん切りに…。ポン酢をかけて。)、
サラダ。

海外生活は通算8年になるけれど、
そのうちの1年(在シンガポール)を除いて
メイドと運転手にお世話になっています。
今のメイドは4人目、運転手は5人目。
(なんて贅沢な!とお思いの方はこちら参照してくださいな。メイド | 猫の日記

最初は自分のために人に動いてもらうという環境に違和感あったけど、
今は自然な人間関係が築けるようになって、これも慣れだなあ、と。
でも、いろんな事があったなあ。
以下、思い出話。

メイド
1人目:バングラデシュ。少数民族ガロの女の子。
月~金 8-17時のフルタイム。
わたしが全く慣れなくて、とにかく威圧感で言う事を聞いてもらってた。
とても良い子だったからちゃんと働いてくれたけど、
ちょっとやりすぎだったな、と反省。
けっこう怒ったりしちゃったし、雑談もほとんどせず。

2人目:インド・バンガロール。インド人おばちゃん。
月、水、金 9:30-11:00のパートタイム。
日本人の家で働く事が多くて、手を抜くコツを覚えてた感じ。
(インド人は、口うるさく注意することが多い。)
掃除してもらってるのに、バスルームに蜘蛛の巣できたりしてたなー。

3人目:インド・デリー。インド人おばちゃん。3人の子持ち。夫はアル中無職。
月~金 9:00-10:30のパートタイム
自身も甲状腺の病気で「最近調子悪くて~」「薬が高くて~」とか愚痴を毎日のように言ってた。
でも、「薬代、ちょっと出してあげるよ。」と少しお金を渡そうとしたら、「いえ、いりません。」と。
「他の雇い主(掛け持ち)はあんまり話してくれないけど、
マダムは話してくれるから楽しいです。」
と言ってたから、
うちで話してストレス発散してた模様。

4人目:インド・デリー。インド人女の子。
月~日 9:00-19:00のフルタイム。(月2回休み。)
久々にフルタイムのメイドを雇うにあたり、
働きやすい環境を作って、そしてこっちのお願い事もすんなり聞いてもらうようにしよう、と決めた。
・チャイは好きな時に作って好きなだけ飲んでも良い。
・お昼は12-15時まで休憩。自宅へ戻ってご飯食べて良い。夕方も仕事が終わったら帰っていい。
・ただし、仕事が多いときは9時-19時までうちにいて、昼もうちで食べること。
・土日は午前中だけ。
・怒る事はなるべくしない。(今日お皿割られちゃったけど、気をつけてね、と伝えただけ。)
・やってもらいたい事、やり方を変えてもらいたい事は、思いついたらすぐに伝える。
今のところ、お互い気分良く過ごせてるから、このやり方でいくつもり。
やっとメイドのいる生活に慣れたなあ、という感じ。

運転手
1人目:バングラデシュ。
片言の英語と片言のベンガル語で雑談していたら、
今思うと言葉のせいで誤解もあるんだけど、すごく侮辱的なことを言われて、
わたし、逆上。その後、3年間ほとんど会話せず。
でもちゃんと働いてくれた。FBの友達申請してくれたけど無視しちゃった。ごめんね。

2人目:インド・バンガロール。
全く気が合わない。
車中で激しい言い合いになること複数回。
女性を下に見る、という態度を続けられて、耐え切れず解雇。

3人目:インド・バンガロール。
とても丁寧で英語も上手で素晴らしい運転手。
すぐに「ドバイへ出稼ぎに行く」と辞めてしまった。

4人目:インド・バンガロール。
私用でうちの車を使っていた。
それを注意すると、突然車を止めて外へ逃げる、などの奇行。
根は悪い人じゃないんだけど、すごく小心者でいつか事故を起こしそうで怖かった。

5人目:インド・デリー。
「昨日の雨で木が倒れてますねー」ぐらいしか車中で話さないけど、
自分の息子の誕生日会に招いてくれたりして距離を保った良い関係。
特に困ってることもなく、不自由なし。
(ガソリン代多くとってる疑惑があるから、そこは観察中。)

番外編:インド・デリー。臨時の運転手。
飲酒運転されて大変なことに。
災難と、インド人の優しさ | 猫の日記

今はメイドにも運転手にも不満はなく、快適な生活です。
ほんと、それだけでありがたい。
全部自分でやれたらそれが一番楽なんだけど、
それもできなくて他人に支えられている生活なので仕方ない。
8年でこういう生活にやっと慣れた感じです。

インドなどでメイドや運転手との関係で困っている、という話を聞くけど、
ここでの生活は、それが一番大変かもなーって思います。
巡りあわせの運、というのも大きいし。
皆さん、頑張ろう~!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


ミュージカル『Mughal-E-Azam』がやって来る!

チケット取ってしまいました。えへへ。
私の周りのインド芸能好き日本人友人も、
知る限りでは6名がチケット購入済み。
みんな、「キャー、楽しみ!」と色めき立っております。

そもそも『Mughal-E-Azam』が何かというと、
1960年に公開されたインド映画で、歴史物の名作です。
時代はアクバル帝の頃、息子サリームが踊り子アナールカリーに恋をする、
というお話。
こちらにあらすじや映画豆知識が詳しくあったので、是非どうぞ。
「これでインディア」11月13日(土) Mughal-E-Azam

わたしがこの映画を知ったきっかけはちょっと変で、
Fabindiaでアナルカリの服を買ったときに、
店員のお兄さんに説明してもらったからでした。
「カラムカリ」の「アナルカリ」という服 | 猫の日記

映画、絢爛豪華で、歌も踊りもすごくいい!
今も絶大な人気のあるインド古典声楽家
Ustad Bade Ghulam Ali Khanが
ムガル宮廷歌手ターンセーン役で歌っているところも、
インド音楽好きとしては注目するところです。

(疑問が一つ。
このシーンの前に2人が
「ターンセーンがRaga Bhairaviを歌い始めたら逢おう」と
約束してたと思うのだけど、
この曲はRaga Sohiniなのです。
記憶があやふやだから、もう一度観なおさねば。

追記。DVDを再度観て確認したら「ターンセーンがラーガを歌うとき」と言っていて、
ラーガ名の指定はありませんでした。)

そして、踊りもすごい。くらくらしちゃう。

わたしが好きなシーンは、この歌合戦。
カッワーリという種類の歌です。かっこいい。

デリーでのミュージカルは、
それぞれのシーンが生身の人間で再現されると思うと、
もう、たまらないです。
公演期間は9月9日~17日。
チケットはこちらで買えますよ~。
Mughal-E-Azam | bookmyshow


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!