バガヴァッド・ギーター

先日、ヨーガリトリートでリシケシに行っていました。
こんな写真、撮りたくなっちゃうよね。

そのリトリートも主催していたデリーにあるヨガスタジオ「ナマーシヴァヤ・ヨーガ」では
現在300時間のTTCが開催中なのですが、
その中のバガバッド・ギーターの講座に参加させてもらいました。

バガヴァッド・ギーターの存在を知ったのは15年前ぐらい、
それから何度も読もうとしたけど、挫折。
3年前ぐらいにバンガロールのヒンディー語の先生から
ギーターの冒頭を説明してもらったのだけど、
「ギーターは理解するのが難しいのよ。
わたしも勉強会に通って読みすすめているの。」

と聞いて、
「インド人でも難しいなら、日本人が独習するなんてもっと難しいに違いない!」
と、自分でギーターを読むことを放棄。
そんなことがあったので、今回の講座に喜んで参加したのでした。

この講座ではギーターを長年勉強している先生が
大事なところを特に選んで全体を詳しく説明してくれました。
「ギーターってこういう内容なのか、なるほどー!」となる所たくさん。
そして、「文面は理解したけど、きちんと腑に落ちるには時間がかかるな」という所もたくさん。
とても楽しい時間でした。

そして、TTCの生徒さん達と分からない箇所について話し合ったり、
先生との質疑応答で、自分が気付かなかった事に気付いたりして、
グループでギーターを勉強することの有意義さも知りました。

これからギーターを習おうとする方は、
ギーターを長年勉強しているきちんとした先生から、
そして、グループで習うのがおすすめです。
ナマーシヴァヤ・ヨーガ」のテージ先生、アヤ先生、TTCの生徒さん達、
ありがとうございました!

次はヨーガ・スートラを勉強し始めました。
こちらは前に講義を聞いたことがあって、なんとなく分かっていたけど、
この本のスワミ・サッチダーナンダ先生の解説が分かりやすくて、どんどん読んでしまう。
「ヨーガをしようと思わない人や、瞑想をする気のない人でも、この部分を覚えておくと色々と役にたつよ~」(意訳)
なんてことも書いてあって、軽い気分でも読めるのがよいです。

解剖学の本で筋肉の構造とかを知るのが好きなのだけど、
昔からの知恵で書かれた本で、心の構造を知るのも楽しいなあ、となっている最近です。
ヨーガ、面白いなあ。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


読書の冬。コンサートの冬。

お久しぶりです。
自宅にいる時間が長くなって、読書に燃えていました。
ときどき、コンサート。

本は何冊も読んだのだけど、
今日読み終わったのは、これ。
クシュワント・シン 著 『首都デリー』

あまりに壮大すぎて、感想が人に伝えられないけど、
デリーの歴史が神話と考古学の時代から20世紀後半まで描かれています。
デリーにもインドにも興味がなくても、これは小説として素晴らしいのでオススメ。
ヒジュラ(両性具有者)の娼婦を愛人に持つスィク教徒の男性が主人公で、
彼はいろんな国からきた外国人の女性にも手を出しちゃいます。
物語はそこに歴史の場面が挿入されていき、渦巻くような勢いで現代インドへ繋がっていきます。
ほら、なんだか面白そうでしょ?
インド文学、すごいな。かなりの衝撃を受けました。

そして、足を運んだコンサート。

Pt. Ulhas Kashalkar (Vocal)
1/6 @Swami Haridas Tansen音楽祭
Raga Chayanat / Raga Paraj


この方の歌は、どこの部分も上品。
今はおじいさんですが、若い頃のお写真は、

きゃあー、イケメン!

グンデチャ・ブラザーズ
Umakant Gundecha / Ramakant Gundecha (vocal)
Akhilesh Gundecha (Pakhawaj)
1/15 @IHC
Raga Desi

朝からドゥルパドの広く深い世界に浸れて至福。

Ud. Shahid Parvez (Sitar)
Ud. Akram Khan (Tabla)
1/28 @IGNCA
Raga Shuddh Sarang – Vilambit Teentaal / Shashanka taal(5.5) / Drut Teentaal
Raga ? / Mattaal / Teentaal (Raga Patdeep?)

いやーん。素敵でありました。うっとり。
はりつめた空気の中の美しい演奏、大好きなのです。

そして、次に行く予定のコンサートは、こちら。
2月13日@Modern School, Barakhamba Road
Ud. Shujaat Khan (Sitar)
Ud. Zakir Hussain (Tabla)

うおおおお!
タブラ奏者ザキール・フセインがついにデリーに来ます!
わたしの知る限り、この一年間はデリーでザキールの演奏はなかったので、
待ちに待ったコンサート。
そして、シタール奏者のシュジャート・カーンという、
これまたスリリングな展開になりそうな組み合わせ。
詳細はこちら。https://www.facebook.com/events/399189973747949/
入場無料ですが、招待券が以下の場所で手に入ります。
– Rikhi Ram & Son, Marina Arcade, Connaught Place 店頭に無い
– Bahri Sons, Khan Market 残りわずか
– Adarsh Stores, Indian Oil Bhavan, Janpath 未確認
– Midlan Book Store, Aurobindo Market 未確認
– All Address Home outlets in Delhi 未確認

わたし?手に入れました。
これで、あとは2月13日を待つのみ。いぇい!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


Swami Haridas Tansen音楽祭、始まりました!

デリーで一番大きなインド古典音楽イベント、
Swami Haridas Tansen音楽祭が昨日1月5日から始まりました。

tansen2017
Swami Haridas Tansen Sangeet Nritya Mahotsava

わたし、風邪をひいてしまって、初日はお休み。
音楽祭の会場は半分野外みたいなものなので、寒いんだもん。
それと、
「別に音楽祭へ行かなくても、デリーできちんとしたホールでいつでも聴けるじゃん」
なんて思い始めちゃって、音楽祭へ行くモチベーション、だだ下がり。

ですが、
日本から音楽祭目当てで、日本人の方達が来ていたり、
デリー在住の友人達が、「仕事のあとに行く」だの
「違う場所での別の公演を見てから行く」だの連絡をくれたり、
日本在住の友人が、「今日はウルハスジーが出るよ」と教えてくれたり。

これこれ!このお祭り感!
インドの音楽祭独特のワクワクする感じを思い出しました。

インド古典音楽を好きになって、かれこれ20年近く、
ヴァラナシのShivaratri、Dhrupad Mela、Sankat Mochan、
コルカタのDover Lane、などの音楽祭を追いかけて、
友人達と誰が出演するか情報収集したり
(ヴァラナシは紙のチラシを入手してもヒンディー語で書いてあって苦労した!)、
いつ休んで、いつに行くか計画を立てたり
(ヴァラナシ、コルカタの音楽祭はオールナイトなので、全部行くと、大変)、
会場で、音楽好きの友人達と再会したり、
演奏を聞いた後は、あーだこーだ好き勝手に感想を言い合ったり、
音楽祭と、それに関する全部がわくわくな時間だったのでした。

今年のこのSwami Haridas Tansen音楽祭、
全部行くのやめようかな、なんて思っちゃったけど、
やっぱり、行く事にします。
今日1月6日の目玉は、やはり声楽のウルハスジー。

1月8日(日)まで毎日やっているので、
デリーに今いる方は行くといいですよー。
一緒にわくわくしましょ!

Swami Haridas Tansen Sangeet Nritya Mahotsava
場所:Sir Shankarlal Hall, Modern School, Barakhamba Road, New Delhi
開演時間:18:30 (それぞれの演奏が1時間ぐらい。終演は22時すぎます。途中入退場可能)
入場無料。パスがなくても入れると思いますが、サイトから簡単にパスの申込できます。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!