Swami Haridas Tansen音楽祭、始まりました!

デリーで一番大きなインド古典音楽イベント、
Swami Haridas Tansen音楽祭が昨日1月5日から始まりました。

tansen2017
Swami Haridas Tansen Sangeet Nritya Mahotsava

わたし、風邪をひいてしまって、初日はお休み。
音楽祭の会場は半分野外みたいなものなので、寒いんだもん。
それと、
「別に音楽祭へ行かなくても、デリーできちんとしたホールでいつでも聴けるじゃん」
なんて思い始めちゃって、音楽祭へ行くモチベーション、だだ下がり。

ですが、
日本から音楽祭目当てで、日本人の方達が来ていたり、
デリー在住の友人達が、「仕事のあとに行く」だの
「違う場所での別の公演を見てから行く」だの連絡をくれたり、
日本在住の友人が、「今日はウルハスジーが出るよ」と教えてくれたり。

これこれ!このお祭り感!
インドの音楽祭独特のワクワクする感じを思い出しました。

インド古典音楽を好きになって、かれこれ20年近く、
ヴァラナシのShivaratri、Dhrupad Mela、Sankat Mochan、
コルカタのDover Lane、などの音楽祭を追いかけて、
友人達と誰が出演するか情報収集したり
(ヴァラナシは紙のチラシを入手してもヒンディー語で書いてあって苦労した!)、
いつ休んで、いつに行くか計画を立てたり
(ヴァラナシ、コルカタの音楽祭はオールナイトなので、全部行くと、大変)、
会場で、音楽好きの友人達と再会したり、
演奏を聞いた後は、あーだこーだ好き勝手に感想を言い合ったり、
音楽祭と、それに関する全部がわくわくな時間だったのでした。

今年のこのSwami Haridas Tansen音楽祭、
全部行くのやめようかな、なんて思っちゃったけど、
やっぱり、行く事にします。
今日1月6日の目玉は、やはり声楽のウルハスジー。

1月8日(日)まで毎日やっているので、
デリーに今いる方は行くといいですよー。
一緒にわくわくしましょ!

Swami Haridas Tansen Sangeet Nritya Mahotsava
場所:Sir Shankarlal Hall, Modern School, Barakhamba Road, New Delhi
開演時間:18:30 (それぞれの演奏が1時間ぐらい。終演は22時すぎます。途中入退場可能)
入場無料。パスがなくても入れると思いますが、サイトから簡単にパスの申込できます。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


 

インド古典音楽をがっつりと!1月5日-8日 Swami Haridas Tansen音楽祭@デリー

インド各地に有名な音楽祭がありますが、
デリーならSwami Haridas Tansen音楽祭です。
インド古典音楽の素晴らしい演奏が一度に聴けるので、
音楽好きな方、気になっている方に、超おすすめ!

tansen2017
Swami Haridas Tansen Sangeet Nritya Mahotsava
場所:Sir Shankarlal Hall, Modern School, Barakhamba Road, New Delhi
開演時間:18:30 (それぞれの演奏が1時間ぐらい。終演は22時すぎます。途中入退場可能)
入場無料。パスがなくても入れると思いますが、サイトから簡単にパスの申込できます。

DAY1:2017年1月5日(木)
DR. ASHWINI BHIDE DESHPANDE (VOCAL)
AMAAN ALI BANGASH (SAROD)
PT.CHHANNULAL MISHRA (VOCAL)

DAY2:2017年1月6日(金)
UMA SHARMA (KATHAK)
PT. ULHAS KASHALKAR (VOCAL)
UD. AASHISH KHAN (SAROD)

DAY3:2017年1月7日(土)
PT. VISHWAMOHAN BHATT (MOHAN VEENA) & THE MANGANIYARS
SMT. SHUBHA MUDGAL (VOCAL)
PT. HARIPRASAD CHAURASIA (FLUTE)

DAY4:2017年1月8日(日)
USTAD SHUJAAT KHAN (SITAR)
USTAD AMJAD ALI KHAN(SAROD)


名前見ても、分かんないって!という方へ。
出演者をざっくり紹介~。
(わたしの好み、思い込み入っております!)

DAY1:2017年1月5日(木)
DR. ASHWINI BHIDE DESHPANDE (VOCAL)
迫力のある、かつ、柔らかい歌声。聴いていて飽きません。微笑みながら歌う方なので、それを見るのも楽しみ。
AMAAN ALI BANGASH (SAROD)
DAY4に出演のUD. AMJAD ALI KHANの息子さん。苗字を有名なお父さんと変えたのは、自分ひとりでやっていくという意思?
繊細で誠実な演奏が素敵です。ちなみに、イケメン。
PT.CHHANNULAL MISHRA (VOCAL)
これぞインド土着的な歌。観客の盛り上がりも、とてもインド的。ヒンドゥー教的な要素が強いのでヒンドゥー寺院で聴いているような気分になれます。

DAY2:2017年1月6日(金)
UMA SHARMA (KATHAK)
有名カタックダンサー。この音楽祭の主催者でもあります。もうお歳ですが、手つきだけでもダンスの世界を表現できて、鳥肌もの。
PT. ULHAS KASHALKAR (VOCAL)
「ウルハスたん!」と一部のインド音楽好き日本人女子達からも大人気。とても柔らかく、美しい歌の世界。うっとり。
UD. AASHISH KHAN (SAROD)
大御所。インド古典音楽の崇高さが伝わるような演奏。

DAY3:2017年1月7日(土)
PT. VISHWAMOHAN BHATT (MOHAN VEENA) & THE MANGANIYARS
スライドギターでキラキラ。マンガニヤールは、ラジャスターン伝統音楽のグループかな。どんな演奏になるんだろう。
SMT. SHUBHA MUDGAL (VOCAL)
デリー在住のライトクラシカルを得意とする歌手。もちろんインド全体で有名な方です。
PT. HARIPRASAD CHAURASIA (FLUTE)
もうお歳で、笛を吹くのも大変そうなのだけど、音楽の美しさの表現が素晴らしいです。他の演奏者の追随を許さない世界。
話も面白くて、インド人観客から人気絶大。

DAY4:2017年1月8日(日)
UD. SHUJAAT KHAN (SITAR)
シタールという楽器の美しさを知るには、この方の演奏を聴くことをオススメします。美しさが深まっていくのを聴くのはこの上なく楽しい。
歌(Ghazal)も素敵なので、歌ってくれることも期待。
UD. AMJAD ALI KHAN(SAROD)
大御所。色んなラーガ(メロディー)をたくさん演奏するのでは、と予想。


行かれる方、きっと寒いので、防寒をしっかりと!(屋根はあるけどほぼ野外です)
そして、とても混むので、良い席を確保したい場合は、早めに行くか、誰かに頼んでおくと良いです。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
押してもらえると、やる気がでます~


インド版おサイフケータイ、paytm

高額紙幣の廃止から1ヶ月たつけれど、
いまだに現金のないATMがほとんどだし、
銀行でさえ現金が少ない状況。
手元にある現金はなるべく使いたくない~
ってのが続いています。

昨日、翌日の朝食のヨーグルトと果物を切らしている事に気付きました。
わたしは銀行のデビットカードを持っていないし、
国際クレジットカードはできれば頻繁には使いたくない。
でも、現金も使いたくない!
どうしようかな~、と思いながらマーケットへ行くと、
どこのお店もpaytmの表示を入り口のドアに貼っていました。
お~!

paytm、インド版おサイフケータイ的なスアホアプリです。
あらかじめお金をチャージしておいて、
店頭での支払いはアプリを起動させて簡単な操作をするだけ。
インド在住の方で使用している人は多いんじゃないかな。
Paytm3
わたしもアプリを入れておいたのだけど、
良く行く食材屋では使えないし、あまり活用はしていませんでした。

が、昨日は牛乳屋でヨーグルト、薬屋でヘアオイル、八百屋で果物、
3軒ともpaytmが使えたので、現金使わずにお買い物成功!
これは助かる~。

ただ、薬屋さんでは最初paytmがうまく動かなくて、
「何人かのお客さんも出来なかったんだよ。paytm側のシステムの問題じゃないかな。」
とお店のおじさんが言っていました。
そんなこともあるみたい。
(何回か試したあとに支払えました。)

高額紙幣廃止騒動、
ほんとうに面倒なことばっかりだけど、
キャッシュレスのサービスは利用者が増えているんじゃないかな。
インドのデジタル化が進んでいる事はすごいな、と思います。
わたしもpaytm以外に、タクシー配車olacab、日用品デリバリーgrofersなんかを利用していて、
とても便利。

ただ、スマホもパソコンも持っていない層は、このデジタル化に全く恩恵を受けていないから、
その層の生活を中心に考えて紙幣廃止計画をして欲しかった、モディさ~ん!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
ポチッとしてもらうと、やる気がでます~