災難と、インド人の優しさ

久しぶりの日記が、トホホな話だけど、
書く事がわたしの場合、自分を落ち着ける一番の方法なので。

写真は全く関係ないけど、気休めと、清涼感のために貼っておきました。
今年行って惚れてしまったヒンドゥー寺院、
オルチャのチャトゥルブジ寺院。

今日、某カフェへ行きました。
すると、運転手から電話。
「今すぐ2000ルピー貸してください」
「嫌です。持ってないから。」
持ってたんだけど、買い物する予定だったから、手元に残しておきたかった。
「お願いします。貸してください。」
「どうして?しかもなんで今?」
という問答を何度も繰り返してようやく、
「車を他の車にぶつけたんです。そのドライバーにお金を出せと言われています。」
これは出さないと仕方ない。

運転手に2000ルピーを渡したすぐ後、
インド人マダムがカフェに乗り込んでくる。
「さっきドライバーにお金を渡した人は誰?」
「私です。どうしましたか?」
「彼が私の車にぶつけたんだけどね…」
「すみません!」
「実は…」

「社会的にあなたに伝える義務があると思うから、
全部あなたに伝えるんだけどね…」
と、穏やかにマダムが話してくれた内容は、以下。
・運転手は停車中のマダムの車にぶつけた後、逃げようとした。
・マダムの運転手と周りの人で追いかけて捕まえた。
・自分はタクシードライバーで、この車もタクシーだと言い張った。
(うちの車は自家用車だし、それはプレートの色で分かるし、謎の嘘。)
・マダムの運転手が700ルピーを修理代で渡せ、と要求したけど、まだお金を渡していない。
(700ルピーなのに、わたしに2000ルピーと嘘を言って差額を自分で貰おうとした?)
・運転手はきちんとまっすぐ立つことすらできなくて、泥酔している。
(気づかなかったのは私だけだったみたい。なんてこと。)
・このまま運転させたら、対人事故を起こしかねないから、もう運転させない方がいい。

この話をきいて、頭をかかえてよろける私を、
「大丈夫よ。あなたは落ち着いて。」と慰めてくれるマダム。

現場へ行くと、警察も来ていて、人も集まっていて、
運転手は「許してください。神に誓ってもうしません。」と言っていたけど、
わたし、即刻クビにしました。
実は臨時雇いの運転手で先週から来てもらっていた人。
みんなの見ている前で2000ルピーを取り戻して、
その後、実質働いた1週間分の給料を計算して、その分を手渡し。
相手の運転手に700ルピーを渡させる。
マダムも彼女の運転手も警察も周りの人も、これで良し、となって、
運転手にはその場でクビを言い渡して、行ってもらいました。

ただ、問題になったのは、うちの車をその場所から自宅までどう運ぶか。
すると、
「わたしの用事が終わったらうちの運転手が運転するわよ」
マダムが笑顔で言ってくれました。

それだとあまりにも申し訳ないから、
結局は、大家さんに電話して、大家さんの運転手に迎えに来てもらって、
無事に自宅へ戻りました。

ふわ~!疲れた!

そこから、大家さん宅で事情を全部伝えて、
大家さん夫婦に「もう大丈夫よ。無事に帰れたし安心しなさい。」と慰められて。
その後、大家さんメイドちゃんがうちに来て、
「これ、神様からのおさがりよ。食べて落ち着いてね。」
と、米菓子をくれました。
(大家さんからは、その運転手が前から飲酒運転で近所では有名な人で、
なんで臨時で雇う前に相談してくれなかったの?ともきっちり言われてしまった。
これは私の落ち度。)

災難だったけど、
ぶつけた車の持ち主のマダム、その運転手、大家さん、大家さんの運転手、大家さんのメイドちゃん、
みんなの優しさが、身に染みてしまって。

インド人は弱っている人を見ると、本当に優しいです。
わたしも、この優しさを誰かへと回していきたい。
そして皆に迷惑かけないように、もっと私もちゃんとしよう。
そんな結論の1日でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


バガヴァッド・ギーター

先日、ヨーガリトリートでリシケシに行っていました。
こんな写真、撮りたくなっちゃうよね。

そのリトリートも主催していたデリーにあるヨガスタジオ「ナマーシヴァヤ・ヨーガ」では
現在300時間のTTCが開催中なのですが、
その中のバガバッド・ギーターの講座に参加させてもらいました。

バガヴァッド・ギーターの存在を知ったのは15年前ぐらい、
それから何度も読もうとしたけど、挫折。
3年前ぐらいにバンガロールのヒンディー語の先生から
ギーターの冒頭を説明してもらったのだけど、
「ギーターは理解するのが難しいのよ。
わたしも勉強会に通って読みすすめているの。」

と聞いて、
「インド人でも難しいなら、日本人が独習するなんてもっと難しいに違いない!」
と、自分でギーターを読むことを放棄。
そんなことがあったので、今回の講座に喜んで参加したのでした。

この講座ではギーターを長年勉強している先生が
大事なところを特に選んで全体を詳しく説明してくれました。
「ギーターってこういう内容なのか、なるほどー!」となる所たくさん。
そして、「文面は理解したけど、きちんと腑に落ちるには時間がかかるな」という所もたくさん。
とても楽しい時間でした。

そして、TTCの生徒さん達と分からない箇所について話し合ったり、
先生との質疑応答で、自分が気付かなかった事に気付いたりして、
グループでギーターを勉強することの有意義さも知りました。

これからギーターを習おうとする方は、
ギーターを長年勉強しているきちんとした先生から、
そして、グループで習うのがおすすめです。
ナマーシヴァヤ・ヨーガ」のテージ先生、アヤ先生、TTCの生徒さん達、
ありがとうございました!

次はヨーガ・スートラを勉強し始めました。
こちらは前に講義を聞いたことがあって、なんとなく分かっていたけど、
この本のスワミ・サッチダーナンダ先生の解説が分かりやすくて、どんどん読んでしまう。
「ヨーガをしようと思わない人や、瞑想をする気のない人でも、この部分を覚えておくと色々と役にたつよ~」(意訳)
なんてことも書いてあって、軽い気分でも読めるのがよいです。

解剖学の本で筋肉の構造とかを知るのが好きなのだけど、
昔からの知恵で書かれた本で、心の構造を知るのも楽しいなあ、となっている最近です。
ヨーガ、面白いなあ。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


読書の冬。コンサートの冬。

お久しぶりです。
自宅にいる時間が長くなって、読書に燃えていました。
ときどき、コンサート。

本は何冊も読んだのだけど、
今日読み終わったのは、これ。
クシュワント・シン 著 『首都デリー』

あまりに壮大すぎて、感想が人に伝えられないけど、
デリーの歴史が神話と考古学の時代から20世紀後半まで描かれています。
デリーにもインドにも興味がなくても、これは小説として素晴らしいのでオススメ。
ヒジュラ(両性具有者)の娼婦を愛人に持つスィク教徒の男性が主人公で、
彼はいろんな国からきた外国人の女性にも手を出しちゃいます。
物語はそこに歴史の場面が挿入されていき、渦巻くような勢いで現代インドへ繋がっていきます。
ほら、なんだか面白そうでしょ?
インド文学、すごいな。かなりの衝撃を受けました。

そして、足を運んだコンサート。

Pt. Ulhas Kashalkar (Vocal)
1/6 @Swami Haridas Tansen音楽祭
Raga Chayanat / Raga Paraj


この方の歌は、どこの部分も上品。
今はおじいさんですが、若い頃のお写真は、

きゃあー、イケメン!

グンデチャ・ブラザーズ
Umakant Gundecha / Ramakant Gundecha (vocal)
Akhilesh Gundecha (Pakhawaj)
1/15 @IHC
Raga Desi

朝からドゥルパドの広く深い世界に浸れて至福。

Ud. Shahid Parvez (Sitar)
Ud. Akram Khan (Tabla)
1/28 @IGNCA
Raga Shuddh Sarang – Vilambit Teentaal / Shashanka taal(5.5) / Drut Teentaal
Raga ? / Mattaal / Teentaal (Raga Patdeep?)

いやーん。素敵でありました。うっとり。
はりつめた空気の中の美しい演奏、大好きなのです。

そして、次に行く予定のコンサートは、こちら。
2月13日@Modern School, Barakhamba Road
Ud. Shujaat Khan (Sitar)
Ud. Zakir Hussain (Tabla)

うおおおお!
タブラ奏者ザキール・フセインがついにデリーに来ます!
わたしの知る限り、この一年間はデリーでザキールの演奏はなかったので、
待ちに待ったコンサート。
そして、シタール奏者のシュジャート・カーンという、
これまたスリリングな展開になりそうな組み合わせ。
詳細はこちら。https://www.facebook.com/events/399189973747949/
入場無料ですが、招待券が以下の場所で手に入ります。
– Rikhi Ram & Son, Marina Arcade, Connaught Place 店頭に無い
– Bahri Sons, Khan Market 残りわずか
– Adarsh Stores, Indian Oil Bhavan, Janpath 未確認
– Midlan Book Store, Aurobindo Market 未確認
– All Address Home outlets in Delhi 未確認

わたし?手に入れました。
これで、あとは2月13日を待つのみ。いぇい!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!