ヒジュラが我が家にやってきた!

先日、インドで出産しました。
「インドで妊婦生活」「インドで出産」など、書くことはあるのだけど、
それらをすっとばして、ヒジュラの話。

ヒジュラ、
私の個人的認識では、両性具有、体が男で心が女の人、です。
1人のグルを頂点に集団生活をしていて、
新築、結婚、出産、などのお祝いをします。
また、デリー内だと信号待ちのときにアクセサリー過多の女性が
2回拍手をして手のひらを見せてくるときがあるけれど、それがヒジュラ。
男娼をしている場合もあるみたい。
神聖な存在、かつ、邪険にされる存在でもあって、とてもインド的。

出産前からの心配事が
「ヒジュラが来るんじゃないか」でした。
何が心配って、高額なお布施を吹っかけられる事!
デリーの美容院TOKUMI hairのブログでもヒジュラの話題があって、
うわー、やっかいだなあ、と思っていました。
ホーリーとディワリに必ず・・・|インドデリーで美容院起業☆美容師TOKUMIの挑戦!

病院から自宅に戻って1週間後、
ついに恐れていた事が。
早朝にヒジュラ3人がやってきた!
旦那さんが「外国人だから分からない」というふりをして、
一旦お引取り願う。
ほっ。
大家さんに相談すると、
「ヒジュラが次に来たら、連絡するように」とのこと。

翌日、
またヒジュラが3人やって来た!
大家さんに電話したら、不在!
でも、大家さん奥さんから
「ヒンディー語使わないで英語で対応しなさい。
意味が分からないから30分待ってくれれば
大家さんが来ます、と伝えなさい」

と指示があったので、
英語で説得を試みる。
「30分後に大家さんが来ますから、後で来てください。」
「マネー、マネー」
「ベイビー、ベイビー」

「だから、30分後に。」
「エク ハフテ バード?」
英語が通じない!
「プリーズ!」を連発してなんとか玄関を閉める。

その後、ヒジュラ達は階下の大家さん宅へ行った模様。
後で大家さんから、
「1100ルピー立て替えておいたよ。」
と、ヒジュラの写真・サイン入り領収書をもらいました。
何万ルピーも請求されると思っていたのに、
1100ルピーで済んだようです。(大家さんの交渉力!)
しかも、お祝いの言葉も言ってもらえたらしい。
はああ、良かった。

そして、円滑に事が運んだ上に、領収書=ヒジュラカードをゲットしました。
うちの住所が分かるからここに載せないけど、
TOKUMI Hairさんが掲載してるのと同じようなものです。(上のリンク)
ヒジュラ3人の写真と名前、
「私たちはお目出度い事をお祝いします。
XXXという地域の担当は私たちです。」
との文面が書いてあります。
裏にヒジュラが日付と金額とサインをしてくれていました。
ヒジュラカードが手に入って、ちょっと嬉しい。

ちなみに、はじめに来たヒジュラ3人と翌日来た3人は違う人達で、
翌日はこの地域担当の本物のヒジュラだったけど、
初日は外から来た偽者だったそう。(大家さん談)

現地で結婚式をあげた友人が、
「うちにヒジュラが来たけど、地域外のヒジュラだったから、
その人達は家族が追い返して、
後で来たうちの地域のヒジュラは受け入れてお祝いしてもらった」

言っていたので、なるほど、こういうことも多いのかな、と。

とにかく、ずっと心配していたヒジュラ対応が済んだので、
一安心。
これで育児に専念できます。
「インドで妊婦生活」「インドで出産」の話はまたいつか!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


 

広告