「出身はどちらですか?」

当分デリーを出る予定がないから、
デリー内でバカンスしてきました。
こんな景色もデリー内にあるんですねえ。
こちらです。

話題はバカンスと関係なくて、
インドで「出身はどちらですか? Where are you from?」と
聞かれる話。

1. 随分昔、コルカタを旅行中
バス停でバスを待っていた時の事。
どんなに待っても全然バスが来なくて、不安になってきたため、
バス停にいたインド人男性に
「XXX番のバス、ここに来ますよね?」
と聞いてみました。
「来るはずですよ。わたしも待ってるんです」と男性。
その後、すこし雑談をしてから、
「出身はどちらですか?」と聞かれたので、
「日本です」と答えると、
「あら、マニプールの方かと思いましたよ」と。
(マニプール:インド北東部。現地の人は日本人と顔が似ている。)

2. バンガロールのオートリキシャ内にて
とても感じのよい運転手さんで、
少しだけ雑談。
オート運転手「ところで、あなたの出身は?
アッサム?マニプール?」

わたし「・・・日本です」
運転手「・・・あ、そうなんですか。」
(アッサム:インド北東部。日本人と顔が似ている人も多い。)

3. デリーの病院にて
看護婦さんに注射を打ってもらう時、
わたし「痛いですよね?」
看護婦さん「痛くないですよー。大丈夫。
ところで、あなたマニプール出身なの?」

わたし「いえ、日本です。」
看護婦さん「あら、そうなの」
わたし「あなたは?」
看護婦さん「ナガランド出身ですよ。」
(ナガランド:インド北東部。現地の人は日本人と顔が似ている。)

そうなのです。
日本人と北東インド人は顔が似ているので、
間違われる事がけっこうあります。
その他、「中国人」「韓国人」に間違われる事も、もちろんたくさん。

わたし、大抵は初対面の人と話しても自分から「日本人」と名乗らないので、
こんなことになるんだけど、
日本人と名乗ったところで相手の対応は特に変わらないから、
出身にこだわる必要はないなあ、と思ってます。

ただ、北東インド人がデリーなどの都会で差別的な態度を
とられることがあるのも事実。
わたしも時々、「これってもしかして」と思うことも。

世界中で、人種だとか国籍だとかの差別が
最近はよくニュースになるけど、
本当に、そんなの関係ないのにな、なんて思うのでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


広告