フルタイムのメイドを雇うことになった

デリーの国立博物館が大好きなので、休日に行ってきました。
ガンジス河展、素晴らしかったです。(6/20で終了。)
この博物館、細密画からブッダのお骨までコレクションが膨大で、
何度も行きたくなってしまう。

それと関係ないのですが、
色んな事情が重なって、
今まで雇っていた掃除のおばちゃんを解雇して、
新しくフルタイムのメイドを雇う事になりました。
(メイドなんて贅沢な!というのが日本人の感覚だけど、
メイドについての話は、こちらで。メイド | 猫の日記

大家さんから、
「掃除の彼女には前もって解雇の話は伝えないように。
当日に伝えて、お給料は多めに渡すように。」

と言われていたので、その通りにしました。

掃除のおばちゃん、最終勤務日。
どうしてもフルタイムのメイドが必要な理由を彼女に伝えると、
みるみる目に涙が。
2年間、ほんとうに真面目に働いてくれて、
前日まで一緒に「今日は風があるねえ」なんて楽しく話していました。
「分かりました。」
そう言うと、体を屈めて私の足に触れました。(インド式の目上の人にする丁寧な挨拶。)
彼女を起こして、ぎゅっとハグ。
他に兼任している仕事があるとはいえ、突然の解雇は本当に申し訳ないから、
多めのお給料(大家さんに言われたよりもだいぶ多め)、プレゼント、
そして英文の紹介レターを渡しました。
(日本人が見るこちらのサイトにも募集を載せてみました。
新しい勤め先、見つかりますように。)

そして、新しく来たフルタイムのメイドAちゃん。
なかなか良い子です。
(それを大家さんに伝えたら、
「そりゃあ最初は気に入られようとするから、まだ判断しないように。」
と釘をさされてしまった。)

彼女も英語を話さないから、
ここ数日は毎日ヒンディー語で家事全般の指示を出しています。
そして台所で料理を一緒にしながら、雑談。ヒンディー語クラスのよう。
わたしが楽になる予定が今のところかえって大変だけど、
メイドと同居、というインド的な生活をしばらくしてみるつもりです。
まあ、どうにかなる!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


広告