災難と、インド人の優しさ

久しぶりの日記が、トホホな話だけど、
書く事がわたしの場合、自分を落ち着ける一番の方法なので。

写真は全く関係ないけど、気休めと、清涼感のために貼っておきました。
今年行って惚れてしまったヒンドゥー寺院、
オルチャのチャトゥルブジ寺院。

今日、某カフェへ行きました。
すると、運転手から電話。
「今すぐ2000ルピー貸してください」
「嫌です。持ってないから。」
持ってたんだけど、買い物する予定だったから、手元に残しておきたかった。
「お願いします。貸してください。」
「どうして?しかもなんで今?」
という問答を何度も繰り返してようやく、
「車を他の車にぶつけたんです。そのドライバーにお金を出せと言われています。」
これは出さないと仕方ない。

運転手に2000ルピーを渡したすぐ後、
インド人マダムがカフェに乗り込んでくる。
「さっきドライバーにお金を渡した人は誰?」
「私です。どうしましたか?」
「彼が私の車にぶつけたんだけどね…」
「すみません!」
「実は…」

「社会的にあなたに伝える義務があると思うから、
全部あなたに伝えるんだけどね…」
と、穏やかにマダムが話してくれた内容は、以下。
・運転手は停車中のマダムの車にぶつけた後、逃げようとした。
・マダムの運転手と周りの人で追いかけて捕まえた。
・自分はタクシードライバーで、この車もタクシーだと言い張った。
(うちの車は自家用車だし、それはプレートの色で分かるし、謎の嘘。)
・マダムの運転手が700ルピーを修理代で渡せ、と要求したけど、まだお金を渡していない。
(700ルピーなのに、わたしに2000ルピーと嘘を言って差額を自分で貰おうとした?)
・運転手はきちんとまっすぐ立つことすらできなくて、泥酔している。
(気づかなかったのは私だけだったみたい。なんてこと。)
・このまま運転させたら、対人事故を起こしかねないから、もう運転させない方がいい。

この話をきいて、頭をかかえてよろける私を、
「大丈夫よ。あなたは落ち着いて。」と慰めてくれるマダム。

現場へ行くと、警察も来ていて、人も集まっていて、
運転手は「許してください。神に誓ってもうしません。」と言っていたけど、
わたし、即刻クビにしました。
実は臨時雇いの運転手で先週から来てもらっていた人。
みんなの見ている前で2000ルピーを取り戻して、
その後、実質働いた1週間分の給料を計算して、その分を手渡し。
相手の運転手に700ルピーを渡させる。
マダムも彼女の運転手も警察も周りの人も、これで良し、となって、
運転手にはその場でクビを言い渡して、行ってもらいました。

ただ、問題になったのは、うちの車をその場所から自宅までどう運ぶか。
すると、
「わたしの用事が終わったらうちの運転手が運転するわよ」
マダムが笑顔で言ってくれました。

それだとあまりにも申し訳ないから、
結局は、大家さんに電話して、大家さんの運転手に迎えに来てもらって、
無事に自宅へ戻りました。

ふわ~!疲れた!

そこから、大家さん宅で事情を全部伝えて、
大家さん夫婦に「もう大丈夫よ。無事に帰れたし安心しなさい。」と慰められて。
その後、大家さんメイドちゃんがうちに来て、
「これ、神様からのおさがりよ。食べて落ち着いてね。」
と、米菓子をくれました。
(大家さんからは、その運転手が前から飲酒運転で近所では有名な人で、
なんで臨時で雇う前に相談してくれなかったの?ともきっちり言われてしまった。
これは私の落ち度。)

災難だったけど、
ぶつけた車の持ち主のマダム、その運転手、大家さん、大家さんの運転手、大家さんのメイドちゃん、
みんなの優しさが、身に染みてしまって。

インド人は弱っている人を見ると、本当に優しいです。
わたしも、この優しさを誰かへと回していきたい。
そして皆に迷惑かけないように、もっと私もちゃんとしよう。
そんな結論の1日でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


広告