読書の冬。コンサートの冬。

お久しぶりです。
自宅にいる時間が長くなって、読書に燃えていました。
ときどき、コンサート。

本は何冊も読んだのだけど、
今日読み終わったのは、これ。
クシュワント・シン 著 『首都デリー』

あまりに壮大すぎて、感想が人に伝えられないけど、
デリーの歴史が神話と考古学の時代から20世紀後半まで描かれています。
デリーにもインドにも興味がなくても、これは小説として素晴らしいのでオススメ。
ヒジュラ(両性具有者)の娼婦を愛人に持つスィク教徒の男性が主人公で、
彼はいろんな国からきた外国人の女性にも手を出しちゃいます。
物語はそこに歴史の場面が挿入されていき、渦巻くような勢いで現代インドへ繋がっていきます。
ほら、なんだか面白そうでしょ?
インド文学、すごいな。かなりの衝撃を受けました。

そして、足を運んだコンサート。

Pt. Ulhas Kashalkar (Vocal)
1/6 @Swami Haridas Tansen音楽祭
Raga Chayanat / Raga Paraj


この方の歌は、どこの部分も上品。
今はおじいさんですが、若い頃のお写真は、

きゃあー、イケメン!

グンデチャ・ブラザーズ
Umakant Gundecha / Ramakant Gundecha (vocal)
Akhilesh Gundecha (Pakhawaj)
1/15 @IHC
Raga Desi

朝からドゥルパドの広く深い世界に浸れて至福。

Ud. Shahid Parvez (Sitar)
Ud. Akram Khan (Tabla)
1/28 @IGNCA
Raga Shuddh Sarang – Vilambit Teentaal / Shashanka taal(5.5) / Drut Teentaal
Raga ? / Mattaal / Teentaal (Raga Patdeep?)

いやーん。素敵でありました。うっとり。
はりつめた空気の中の美しい演奏、大好きなのです。

そして、次に行く予定のコンサートは、こちら。
2月13日@Modern School, Barakhamba Road
Ud. Shujaat Khan (Sitar)
Ud. Zakir Hussain (Tabla)

うおおおお!
タブラ奏者ザキール・フセインがついにデリーに来ます!
わたしの知る限り、この一年間はデリーでザキールの演奏はなかったので、
待ちに待ったコンサート。
そして、シタール奏者のシュジャート・カーンという、
これまたスリリングな展開になりそうな組み合わせ。
詳細はこちら。https://www.facebook.com/events/399189973747949/
入場無料ですが、招待券が以下の場所で手に入ります。
– Rikhi Ram & Son, Marina Arcade, Connaught Place 店頭に無い
– Bahri Sons, Khan Market 残りわずか
– Adarsh Stores, Indian Oil Bhavan, Janpath 未確認
– Midlan Book Store, Aurobindo Market 未確認
– All Address Home outlets in Delhi 未確認

わたし?手に入れました。
これで、あとは2月13日を待つのみ。いぇい!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


広告