Swami Haridas Tansen音楽祭、始まりました!

デリーで一番大きなインド古典音楽イベント、
Swami Haridas Tansen音楽祭が昨日1月5日から始まりました。

tansen2017
Swami Haridas Tansen Sangeet Nritya Mahotsava

わたし、風邪をひいてしまって、初日はお休み。
音楽祭の会場は半分野外みたいなものなので、寒いんだもん。
それと、
「別に音楽祭へ行かなくても、デリーできちんとしたホールでいつでも聴けるじゃん」
なんて思い始めちゃって、音楽祭へ行くモチベーション、だだ下がり。

ですが、
日本から音楽祭目当てで、日本人の方達が来ていたり、
デリー在住の友人達が、「仕事のあとに行く」だの
「違う場所での別の公演を見てから行く」だの連絡をくれたり、
日本在住の友人が、「今日はウルハスジーが出るよ」と教えてくれたり。

これこれ!このお祭り感!
インドの音楽祭独特のワクワクする感じを思い出しました。

インド古典音楽を好きになって、かれこれ20年近く、
ヴァラナシのShivaratri、Dhrupad Mela、Sankat Mochan、
コルカタのDover Lane、などの音楽祭を追いかけて、
友人達と誰が出演するか情報収集したり
(ヴァラナシは紙のチラシを入手してもヒンディー語で書いてあって苦労した!)、
いつ休んで、いつに行くか計画を立てたり
(ヴァラナシ、コルカタの音楽祭はオールナイトなので、全部行くと、大変)、
会場で、音楽好きの友人達と再会したり、
演奏を聞いた後は、あーだこーだ好き勝手に感想を言い合ったり、
音楽祭と、それに関する全部がわくわくな時間だったのでした。

今年のこのSwami Haridas Tansen音楽祭、
全部行くのやめようかな、なんて思っちゃったけど、
やっぱり、行く事にします。
今日1月6日の目玉は、やはり声楽のウルハスジー。

1月8日(日)まで毎日やっているので、
デリーに今いる方は行くといいですよー。
一緒にわくわくしましょ!

Swami Haridas Tansen Sangeet Nritya Mahotsava
場所:Sir Shankarlal Hall, Modern School, Barakhamba Road, New Delhi
開演時間:18:30 (それぞれの演奏が1時間ぐらい。終演は22時すぎます。途中入退場可能)
入場無料。パスがなくても入れると思いますが、サイトから簡単にパスの申込できます。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


 

広告