オールドデリー探検

現在開催中のDelhi Walk Festival、
メヘラウリーに引き続き、今度はオールドデリー探索に参加しました。

DWF16

11月27日 : Old Delhi オールドデリー探索
コース:SECRET OLD DELHI: MYSTERIOUS & MAJESTIC SHAHJAHANABAD AT DAWN!
(オールドデリーの秘密 : 神秘と雄大のシャージャハナーバードの夜明け!)

訪れた場所:Anglo Arabic School(Ghaziuddinのマドラサ)、路上のスナック屋さん数軒、Haveli、Kalan Masjid

デリーには旅行でも何度も来ているし、今は住んでいるのだけど、
オールドデリーの町を探索したこと、一度もありません。
治安が良くない、という事も聞くし、一角に売春街もあるし、
少しでも危険と言われている場所には行かないことにしているので、
ジャマーマスジッド、チャンドニーチョーク、Karim’sレストラン、ぐらいしか行った事なかったのです。

が、デリーの歴史を調べていくと、どうしてもオールドデリーは外せない!
ということで、「オールドデリーに5代に渡って住んでいる専門家が案内するコース」なるものに参加してきました。
インド人専門家2人の引率で、インド人参加者10人ぐらい、フランス人参加者9人、+日本人、
という大人数のグループでオールドデリーを探索しました。

14世紀トゥグルク朝時代のモスクKalan Masjid、
17世紀ムガル時代のAjmeri GateとGhaziuddinのマドラサとお墓、
19世紀頃のHaveli(大邸宅)
20世紀 ネルー首相が結婚式をあげた、というHaveli跡地、
そして、21世紀、オールドデリーの小さな路上でスナックを売るお店!
ざっと700年ぐらいを旅行してきました。
こんなことができるオールドデリー、もっと知りたくなってしまう。

普段は入れないというAnglo Arabic Schoolへ
元Delhi College
Ghaziuddinのマドラサ

専門家の説明を聞きます

車の入れない路地を探索

途中で路上スナックをみんなで味見

14世紀建造のKalanモスク
込み入った町なかにあります

ウィリアム・ダルリンプル著「精霊の街デリー」(柴田裕之訳)の12月の章に、
「オールドデリーでは、食用に太らせているヤギが麻袋を着せかけられて身を寄せ合う。
中には、古いカーディガンをもらって前足を袖に通しているヤギもいる。」
とあったそのままの風景もあって。

カーディガンを着せてもらっている
ヤギさん達!

歴史と、現在の街の様子と、
そして、路上スナックとチャイで、お腹いっぱい、幸せな日でした。

Delhi Walk Festivalは12月4日まで開催中。
色んな遺跡や町の探検に興味ある方にはオススメですよ~。
Delhi walk Festival


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


広告