インドで性的被害を受けそうになった話

わざとこんなタイトルを書いたのは、
日本人女性がインドで性的暴行を受けた、というニュースを見たからです。
日本人女性、インドで性的暴行被害 南部を旅行中 容疑の25歳男逮捕 – 産経ニュース

被害に合った女性が早く事件を忘れて、立ち直りますように。
これからインドを旅行する人が、日本や他の国で自分の身を守るのと同様に、
インドでも気を抜かないで、安全に旅行を楽しめますように。
そして、もし誰かの役に立てば良いな、と思い、
わたしの若かった頃の軽率な行動と、その結末を。

21歳の頃、1人でインドの地方を旅行していました。
当時その地方は、外国人旅行者はある程度いたけれど、
1週間も滞在すれば町中の人から顔を覚えられるぐらいの小さな田舎でした。

ある日、わたしは小さなお土産屋さんでチベット仏教の宗教細密画「ヤブユム」を見ていました。
ヤブユムは男女結合像のことです。(気になったらググって!)

すると、店番をしていた50歳ぐらいのおじさんが声をかけてきました。
「2階にはもっとあるから、2階においで。」
わたし、狭い階段を登って2階へついて行きました。
2階は小さな部屋で、床に座ると、おじさんは雑談を始めました。
そして突然、おじさんの手が、わたしの太ももに。
わたし、すぐに手を払って、
「わたし、日本に彼氏がいるんですよ。ほら。」
と、当時の彼氏の写真を見せました。
すると、おじさん、
「いいじゃないか、今は彼氏は遠くにいるんだから。」
と。
わたし「ここの現地の言葉でGood Byeは何て言いますか?」
おじさん「XXXXだよ。」
わたし、「XXXX!」と笑顔で言って、
階段を駆け下りて、外へ逃げました。

わー、今振り返ると、隙だらけ!あんた、ばっかじゃないの!って感じです。
つっこみどころばかりですが、
まず、どんな場所かも分からないのに男性と2人きりになる場所へついて行く、ってのがダメ。
そんなこと、日本でもしないのに。
そして、体を触られたのに、すぐ逃げないなんて。

それまでも用心深く旅行をしていたつもりだったけど、
さらに気をつけるようになりました。

でも、旅行先でやりたい事はあるわけで、
安全だけを考えて全部を諦めるのは嫌。
なので、
例えば、性的表現のある美術品を見るときは、他のお客さんもいるお土産屋を選ぶ、とか、
男性と2人になりそうな場所は避ける、誰か他の人から必ず見える場所を選ぶ、とか、
工夫をするようにしました。

過去にもインドでの性的暴行事件で思ったことを書いたので、
リンクを貼っておきます。
痴漢とか、防げないこともある。 | 猫の日記
毅然とした態度と、敬意と、笑顔と。 | 猫の日記

インド、面白い国なので、
これから旅行する人は、安全に楽しんで欲しい!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


広告