小説「The Immortals of Meluha」

読了。
日本語訳がまだ無いから、
英語で読みました。
読んだ事のない本を英語で一冊丸々読んだのは
この本が初めて!
Kindleの辞書をひきながらだけど、
きちんと読み込みたくなる内容だったのです、これ。
日本amazonで本もkindle版も購入可能です。
The Immortals of Meluha : Amish Tripathi : 洋書 : Amazon.co.jp

物語は、シヴァの話。
シヴァShivaは、有名なインドの神様の1人だけど、
この本では、人間として登場します。
普通の(ちょっと普通じゃないけど)人間シヴァが
悩んだり、恋をしたり、学んだりしながら、
成長していく話。
その人間的な人物像がとても魅力的です。

作者Amish Tripathiは神話、歴史などを元にしつつ、
フィクションとしてこの本を書いたらしく、
その配分が丁度良くて、とても面白いです。
たとえば、ヨガのポーズでVeerbhadraヴィーラバドラ(戦士のポーズ)というのがあるけど、
この本の中では、
”ある日、シヴァの昔からの友人Bhadraが素手で虎を倒したので、人々は彼をVeerbhadra(勇敢なBhadra)と呼ぶようになった”
という逸話でその単語が出てきます。
どこまでが作者独自の創造かは良く分からないのだけど、
知ってる単語が所々に出てくるのは、とても面白い。
もちろん、神話で「シヴァの妻」とされているSatiサティも出てくるし、
インド内外の地名や、習慣に関する事もたくさん出てきます。

それと、「カースト」に関する内容も出てきて、
上位カースト側から見たカーストを正当化する話かなあ、と
最初嫌な気分になったのだけど、
・・・興味ある人は読んでみてください。
物事が多面的に書いてあって、それもこの本の好きなところです。

3部作なので、2作目もすでに購入済み。
暑くて外へ行きたくないから、読書の夏。

映画化も決まっているようですね。
絶対面白くなるから、早く作って!

Shhuddhiの公開が今年ひかえているKaran Malhotraが監督するそうです。
The Immortals of Meluha – Wikipedia, the free encyclopedia

※主役はTiger Shroff?個人的にはHrithik Roshan希望!
Tiger Shroff to replace Hrithik Roshan in ‘The immortals of Meluha’ by Dharma productions? | Latest News & Updates at Daily News & Analysis


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
今日も、ポチッと!


広告