Swami Haridas Tansen音楽祭 Day2

Swami Haridas Tansen Sangeet Nritya Mahotsava

【2016.1.9 (Sat)】
SMT. ASHWINI BHIDE DESHPANDE (VOCAL)
PT. HARIPRASAD CHAURASIA (FLUTE)
USTAD AASHISH KHAN (SAROD)

やや疲れながらも音楽祭2日目。
初日は開演15分前でほぼ満席だったから、さらに20分ぐらい早く行ったのだけど、
なんとすでに良い席は埋まっていた!
そして開演後にもどんどんお客さんは増えて、椅子席・壁際の階段席は埋まってしまい、
床にも人がぎっしり座り込んでいました。
明日はもっと早く行かねば。

感想あれこれ。

SMT. ASHWINI BHIDE DESHPANDE (VOCAL)
・Raga Shree / Teentaal

以前観たときは「すごい声量!そしてめちゃ速い!」ということばかりに気をとられたけど、
改めて聴いたら、ゆっくり歌うアラープの部分がものすごく深くて綺麗でした。
超満員の観客みんな、心を持っていかれた感じ。
これぞ、大きな会場のコンサートだなあ。
そして、喋る時は意外に高くて小声で可愛い声でした。

PT. HARIPRASAD CHAURASIA (FLUTE)
・Raga Bhupali / Mattaal Teentaal

手は震えているし、息は続かないし、音もかすれているのだけど、
この方の作る音楽は今だに美しいです。
バンスリ奏者の中では今もNo.1だし、インド古典音楽家としての地位も、歳をとっても全く落ちていない。
体の中に音楽が既にあるから、それを外に出しているだけなんだろうなあ。
タブラ伴奏はRam Kumar Mishraさんで、ハリジーが途中でわざと吹くのをやめた後のメロディーをバヤで続けてサムまで持っていってました。かっちょ良い。

USTAD AASHISH KHAN (SAROD)
・Raga Bageshree (alaap)
・Raga Jinjyoti (bandesh) / Teentaal

写真をwikipediaより貼りましたが、じゃーん、ザ・レジェンド、な見かけのお方でした。
明日出演のPT. CHHANNULAL MISHRAにも風貌が似ていて、長く巨匠をやってると、こうなってくるのかしら。キシャン・マハラジとも共通してる。
タブラ伴奏はVikram Ghoshさんでした。
VikramさんはVilambit Teentaalで思い切りシンプルな伴奏・ソロを格好良く叩いていたので、すこぶる楽しめました。
でも、連日のコンサート観覧の疲れがすでに出てしまい朦朧としてきたので、途中で離脱。無念。

その他
観客は本当に老若男女幅広いのだけど、今日の私の隣はハイヒールを履いたイケイケなインド人ギャルでした。
彼氏と腕をくみながらノリノリで音楽を聴いていました。
バンガロールでは観客の年齢層が高かったけど、デリーは若者も多いです。

Ashwini Bhide DeshpandeのRaga Shree。16:30ぐらいから始まります。そのちょっと前は可愛い声でRaga紹介をしています。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村へのリンクです。インドに関するブログの一覧が開きます。
ランキング参加中。応援クリック大歓迎です。


広告