元旦とお誕生日会

 

あけましておめでとうございます。
申年なのでハヌマーンジー!ジャイジャイ!

今日は元旦ですが、我が家で働いている運転手さんの息子が1歳になる誕生日でした。
「当日はパーティーを開くので来てください」とお誘いを受けていたので、
同じく招待されていたうちの大家さんのメイドちゃんと行ってきました。

行ってみると、路地裏を布で囲って会場が作ってあって、すごくちゃんとしてた!
ケーキカットをして、風船を割って、ケータリングのインドご飯が振舞われました。
奥さんも子供も楽しそうで、良かった良かった。
大急ぎで買ってきた車のおもちゃをプレゼントに渡しました。

我が家の運転手さんの奥さんはうちの隣のお宅でメイドをしているから、招待客は近所の運転手やメイドさん達がほとんどかなと思ったら、
近所のマダム達も来ていました。
そして、みんな和気藹々とお喋り。
雇用主、雇われている人、って関係は、外国人である私が思うよりも、あまり隔たりがないなあ、と。
我が家の隣のインド人マダムが運転手やメイドさん達と普通に雑談していたり、子供達に話しかけていたり、
普通の近所の人達の関係。
インドは階級の差が大きい、と言うし、そういう部分もあるけど、階級が違っていても普通に人間同士として付き合っていたりもします。
若い女の子がオートリキシャのおじちゃんやチャイ屋のお兄ちゃんに丁寧な口調で話してたりとか。お金持ちそうなおじさんがセキュリティーガードの人に丁寧に道をきいていたりとか。
インドに対して持っていたイメージは、実際は色々と違うなあと、住んでから思うようになりました。
わたしが見てるものが全てではないけれど。

大家さんちのメイドちゃんが「ディディ(お姉ちゃん)、もう帰りましょう。寒くなるし。」と急かすから、ご飯食べてすぐ自宅へ戻りました。
でもご飯、お代わりもしちゃったから、お腹がいっぱい!
そして、息子くん、早く大きくなるといいな!
親戚のおばちゃんの気分です。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村へのリンクです。インドに関するブログの一覧が開きます。
ランキング参加中。応援クリック大歓迎です。


広告