シッキム1 : 納豆

シッキムSikkimへ行ってきました。
デリーからはすこぶる遠かった。
シッキムには空港がないので、デリーから西ベンガル州のBagdogra空港へ飛びました。
そこからシッキムの州都ガントクまで車で4・5時間です。
(2015年現在、シッキムでは空港が建設中みたいですね。これができたら、とっても便利!でも秘境っぽさは無くなってしまうかな。
Pakyong Airport – Wikipedia, the free encyclopedia

シッキムに行ったらやりたかった事、
それはシッキムの納豆キネマを食べる事!

ということで、街へ納豆探しに出かけました。

「納豆があるレストランはどこですか?」
「納豆?あははは!XXならあると思うよ。行ってみて。」

その店が閉まっていたり、見つからなかったりして、何度もこの会話を繰り返した結果、やっとローカル食堂へ辿り着きました。

「あの、納豆ありますか?」
「納豆?あはは!ありますよ。」
「食べてみたいんです。あはは!」

納豆が食べたい、と言うと、とりあえず笑われます。
一緒になってこっちも笑っちゃう。

でも、納豆キネマはメニューにありませんでした。
聞くと、なんと、ターリー(定食)についてくる、とのこと。

そして出てきたターリーが上の写真です。
ちょいとスペシャル。
お皿上部の丸い葉っぱ3枚のうち、一番右側に乗っているのが納豆キネマです。

納豆を食べてみると、
すんごい美味しい!日本の納豆と同じ!
何が混ぜてあるのか分からないけど、干し魚と醤油のような味がしました。
それと、納豆の下の茶色いものは、シバ漬けのような味でした。
インド国内でこんな日本気分の味が食べれるとは!

納豆のカレーもあるみたいだけど、こんな風にターリーについてきたので、
もしかすると納豆は「沢庵」的存在なのかも。
外国人が「沢庵食べたい」と言ってきたら、そりゃ笑うよね。

お店の人が気を利かせてくれて、納豆のおかわりまでくれました。
あー、本当に美味しかった。

ちなみに、日本以外の納豆について、このページが面白かったので、ご参照あれ。
シッキム納豆(ヒマラヤ納豆)キネマについても書いてあります。
視点・論点 「納豆の起源を探る」 | 視点・論点 | NHK 解説委員室 | 解説アーカイブス

食べ物が美味しいと、そこは旅先として満点。
シッキム、大好き。

【お店メモ】
ガントクGangtokでシッキム納豆キネマが食べれるお店
HAMRO BHANSA GHAR (MG Margの端っこです)


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村へのリンクです。インドに関するブログの一覧が開きます。
ランキング参加中。応援クリック大歓迎です。


広告