言葉が出来れば解決するのかなあ

 

「そんなにイライラしてると、自分が疲れるだけだっつーの」

猫にそんな事を言われているような、本日。
現在、自宅のベランダでペンキ塗りなおし作業が続いています。
作業員のインド人男性2人がせっせと働いているのを、わたしはコーヒー飲みながら眺めています。
ちなみに、ペンキ塗りの腕はすごい。さすがプロ。

今日は歌のクラスとヒンディー語のクラスの日でした。
午前中は歌の練習をして、お昼から出かけようとした時、玄関のベルが。
そこに立っていたのはアパートの守衛さんと、お世話になってるドライバー氏。
守衛さんがヒンディー語で強い口調で言って、ドライバー氏が英語に訳します。
「あなた、朝9時にもベルを鳴らしたけど、出なかったでしょ!」
いきなり怒られる。ええー。

「だって、シャワー浴びてたんですもん」
「ふん。ベランダの壁の塗り直しが必要だから。」
「え、もう塗り終わっていますよ。」
「いや、このメモにはこの部屋はまだ、と書いてある。」
「終わってますって。じゃあ、自分でベランダ見てみてください。」
なぜかドライバー氏がベランダを見て「終わってますよ」と守衛さんに伝える。
無言で守衛さん退場。

その後、ドライバー氏と話してたら、何かまた話が違う。
わたしは下塗りと本塗りの2回で終わりだと思っていたら、実はさらにもう1回塗らないといけなくて、守衛さんはその3回目の事を言っていた模様。
私用で今日中に終えてもらわないといけないため、守衛さんに「ペンキ塗り直し、3時以降に来てください。」とお願いをしに行く。

歌のクラスは休めなくて外出、ヒンディー語のクラスのみをキャンセル。
急いで帰ると、玄関前に作業員の人達が待ってる。そして、守衛さんも。
ドライバー氏がいなかったので、ヒンディー語で念の為に確認。
「もう2回終わってますけど、まだ必要なんですか?」
「あなた、3時に来てって言ったでしょ。(プンスカ)」(その時、3時15分)
「3回目が必要なんですか?じゃあやってください。」
「明日に来るから。」
「いや、明日は時間ないから、今日お願いします。」
無言で守衛さん去る。

立ち往生している作業員を「中に入って作業してください」と招き入れて、
そして、現在、作業中です。

んもー、「朝ベル鳴らしたのに!」と怒られたしょっぱなから、わたしイライラの日です。

だけど、イライラしながらも、守衛さんの態度がすごく投げやりなのは英語が出来ないから、強い口調になるんじゃないかな、なんて事も考えました。
でもって、私も英語もヒンディー語も流暢ではないから、伝えるのに必死で口調が自然と強くなってしまう。
言葉が出来たら、お互い穏やかに物事が進むんだろうか。

だけど、こんなことも考えたり。

周りのインド人を見ていると、インド人女性が他人の男性と話すときは、全く笑顔を見せず、無表情。そして、口調は強め。
→わたしも、同じく。

言われた通りにすると大変なことになるから、分かっていても何度も確認。
→今回も、同じく。
以前の例。
・ケーブルテレビの接続作業で、「ケーブル通す為に、リビングの壁に穴を開けないといけない」と言われる。
→作業を中止してもらい、別のケーブル会社に頼んだら壁に穴開けずにテレビが見れるようになった。
・水が出なくなったとき「バスルームの壁の中を通ってるパイプが詰まっているから、壁を壊してパイプの修理をしないといけない」と言われる。
→別の修理工に見てもらったら、詰まっていたのは地下にある水を汲み上げる別のパイプで、それを直したら水が出るようになった。

インドでのやり方、っては存在するものなあ。
態度はしっかり強く、でも心は穏やかに、ってのが理想ですが、心が引っ張られてイライラしてしまうんでした。
それと、やっぱり言葉も大事かも。

で、無事にあと15分ぐらいでベランダも塗りなおせそうなので、
今晩、日本へ飛び立ちます。
一時帰国中は日本のやり方に従って、ただ穏やかに過ごす!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村へのリンクです。インドに関するブログの一覧が開きます。
ランキング参加中。応援クリック大歓迎です。


広告