「もち分かる」っていうのは嘘ですごめんなさい

Hindustani classical vocalのコンサートを聴いてきました。

Shri Dhananjay Hegde, Mumbai – Vocal
Pt.Aneesh Pradhan, Mumbai – Tabla
Pt.Sudhir Nayak, Mumbai – Harmonium

Bharatiya Vidya Bhavan, Bangalore
29th December 2013

このDhananjayさんは銀行のマネージャーを現在しているとのことだけど、こんな銀行員がいるなんて、なんて国なんだ、と思いました。
技術も素晴らしかったけど、盛り上げ方が上手で、引き込まれて聴いてしまいました。
そして、タブラのAneeshさんという方もすごかった。
歌を中心とした音楽の世界をさらに広げるような伴奏で、歌の旋律が作った形に色をつけていく感じ。そかもそれがポップで面白かったです。
歌とタブラの理想的な形かなあ、と思いました。
Pt. Nikhil Ghoshさんのお弟子さんだそうです。この人のタブラもっと聞きたいなあ。
DhananjayさんとAneeshさんはムンバイでいつも一緒に演奏してるからあんなに息がぴったしなんだよ、と歌の先生が言ってました。
あー楽しかった。

ただ今日は時間通りに行っちゃったもんだから、コンサート前の偉い人達のスピーチを1時間も聞くことになってしまったんでした。
しかもスピーチは全てカンナダ語で、前の席の5歳ぐらいの男の子が「てめー理解できるのかよ」って感じで私の顔を何度も振り返ってきて、「もち分かるに決まってるでしょ」って顔で返してたけど、一言も分かりませんでした。みーん。

広告